ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

青い空を見上げると ほっとする○ イラつく× << prev
next >> 肌着は 木綿製○ ナイロン製×

時代と共に愛の本質も変わる

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 時代程度の変遷じゃ本質なんて変わらないだろ。

  • 子殺しも、時代によっては愛だったのかもしれない

  • 直江兼継が兜に付けていた「愛」は 「愛染明王」 Googleで「愛染明王」を検索

  • 「地球を救った愛は元気ですか」と言われる時代がいつか来るだろう。

×
  • 人類が他の生物と言えるほどまでに変化するだけの時間が過ぎたなら、あるいは。

  • 知らんけど、おれが不変のものであることを望む対象ではない。

  • 形は変わってもなあ…

  • 今の時代の愛もよくわからないのに時代区分それぞれの愛なんか知らぬ

  • 変わらない

  • 何百年、何千年の男と女の時代の中で、知っているのはたかだか数十年

  • そもそも愛というものを過大評価しすぎているような気がする。そんなに大層なものかな?

  • 難しいなあ。本質の捉え方にもよるけど、変わらないでほしいなあ。

  • 形は変わるが中身は変わらない

  • 中世スペインも現代日本も若者の愛は同じってスペイン文学の講義で聞いた記憶があります

  • その時代によって「愛」なる物の持つ「概念」は変わるかも知れないが、「本質」となるとどうだろうか

  • 愛の本質は普遍的なものだから、時代で区切られえるアドホックな本質は、本質とは呼べない。

  • 主観的なものだから経験を重ねれば自然と変わるんじゃ?

  • そうかな?色々変わっても本質は変わらないような。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
青い空を見上げると ほっとする○ イラつく× << prev
next >> 肌着は 木綿製○ ナイロン製×