ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ダブルデイ(DOUBLEDAY) << prev
next >> マカデミアナッツと言われるとHäagen-Dazs...

幼児に移植医療を施すことに断固反対!

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 断固とまではいかないけど、たとえば心臓の移植となると、脳死患者からの移植となるわけで、移植する側の立場で考えると脳死とはいえ今まで生きている子供に対し、親の一存でその生命を終わらせてしまうことになる。法整備ありきじゃなく、そうした親のメンタル面のケアができる環境をしっかり整える必要があると思う。

×
  • オレ入院した時にさ、たくさん輸血してもらったんだ。だから今こうやって元気にしてる。すっかり忘れてたわ。献血してくれた誰か、ありがとうな。

  • 断固反対とかではないが他人の不幸を喜ぶ行為とは思うな。移植しなきゃならん病なら自然淘汰だろ…とは思えてしまう。子供以外の場合でもな。

  • 所詮は部外者でしかないので「断固反対」という部分に×を付けるのみ。

  • 反対する理由はない。生きている人間から臓器を取らないなら構わない。脳死の是非まで問うなら、幼児に限らず、移植そのものが無理。

  • 断固かといわれると微妙。今後の流れとして海外移植は禁止に向かう可能性が高いから、これを主張するということは移植が絶対に必要な幼児に「残念だけど死んでくれ」と言うのと変わらないような気がするんだよな。でもそれって中絶とどう違うんだろ。

  • 臓器売買とかは断固反対だが、ドナー側の理解が充分に得られるならば、移植で助かる命は助けるべきだと思うノハ。さっさと法整備して、国内での移植実績+技術向上に方向転換してほしいノハね。

  • 勧告された通り「自国の臓器は自国で」とすればいいだけだ。今の日本は移植後進国なので、臓器移植法を緩和し国民意識を移植推進に向けるべし。これの否定は「輸血は摂理に反する」と怪我人を見殺しにするカルト宗教と同じ未必的故意の殺人幇助。/現状幼児の移植手術は日本では不可能。本人の同意が絶対条件なのに対し15歳未満の者の同意は無効とされているせい。つまり単なる未整備が理由。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ダブルデイ(DOUBLEDAY) << prev
next >> マカデミアナッツと言われるとHäagen-Dazs...