ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

しいたけられたシイタケ << prev
next >> ゲーセンでゲームをしていてケガしたこと...

歴史の授業は近代から過去へと教えるべき。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 現代という結果からその原因をさかのぼっていくほうが間違いなくわかりやすい。それに、過去から学ぶといつも時間切れになる。

  • それが本当に歴史授業において好ましいかどうかは措くとして、「結果」から「原因」を掘り起こすという進め方については面白い、とは思った。「流れが掴み難くなる」という意見もわからんでもないが

  • いつも歴史の授業って近代の部分が時間切れで詳しくやらないから、逆からってのもいいかもね。古い事をないがしろにするわけやないけど、今の自分たちに近い過去の方が今に直結したりするわけやから近代から学ぶのも良いかもしれない。

  • 歴史なんぞ所詮は伝聞に過ぎないんだから、より正確性のある証拠が残る近代史から勉強していった方がよほど有意義だと思う。昔の事なんか現代人の誰にもわからないんだし。

  • そのほうがおもしろいしその事柄について興味持つようになるかも

  • 解らない。一考の価値はあると唸ったので○に。歴史学の意義は「実験と検証が出来ない社会科学分野において、自然科学でいうところの数学を代替するもの」だと思っているので、それに従えばいい線行ってる発想に見える。

  • それが歴史観や思考にどの程度関係するのかは見当も付かないからなんとも言えないが、過去から近代へと学ぶと時系列が覚えにくいのは確かだ。

  • なんかわかるなぁ。例えば家系図を見る時、まず自分のトコから遡って行くと思うし。

  • 近現代史を端折ってしまうのは、間違ってると思います。それに、なぜ今の世界があるのか、を「なぜ?」でたどっていく方が絶対に歴史に興味を持てると思うのですが。

  • そうしないと大事な近代史がないがしろになるわけだし

  • 20年前にも同じような話を聞いてなるほどと思った。歴史を物語のように捉えてはダメだ。歴史とは、推論・考え方の立て方そのものなのだから。

  • これはよく思った。近代の歴史をしっかり習った記憶がない。たいていどの先生もその辺りになると大幅に端折ってオシマイ。

×
  • 分からんでもないけど、歴史には流れってのがあるからね

  • 松本清張の本であった気がする

  • そもそも「国」の成り立ちから学ぶ事が必要。歴史の積み重ねが今の国の土台になっているのは明らか。ただ、日本近代史の「事実」は真実を伝える必要はある。恣意的に遠ざけたのが、「戦後処理」未解決と他国から攻撃材料になっているのは明白。

  • 過去からでも構わないが、近代~現代に重点を置いて教えるべきとは思う。

  • 順番はともかく中学高校と、学年末で時間が無くなったとか言って昭和以降をぶっつり省略してた先生方。きっと時間以外の大人の事情が

  • 分かりにくくなりそう。

  • 近代から過去でなくて、それぞれの出来事を結果→原因という順番で教えたほうが解りやすいとは思います

  • 意味価値なし。現代は教えなくていいのか

  • 近代史と古代からの歴史を別科目にするというのはどうだろ。

  • 世界がどうやって今の時代まで辿り着いたかを見ていく感じが、好きなんで。

  • ものごとの展開順のほうが理解し易いと思う

  • 結果から原因を学ぶという試みは確かに面白い。が、それで学ぶことができるのは社会体制の移り変わりでしかない。歴史が楽しいのは、「その時代に生きた人々の思想を追うこと」だと思う。

  • 面白いと思うけどなじまない

  • やっぱ、順序を踏んだほうが良いんじゃないかしら

  • 物事は起源から説明しないと理解し辛い。

  • 私の場合はそんな事語るより勉強するのが先決。そう言えるほど歴史知っているとは言えない…

  • 時代の流れに沿ってやった方がわかりやすいと思う。

  • いきなり近代を学んでもイメージがわかないや。結局、近代→過去→近代の復習って形になりそう。たっぷり時間があれば身に付きそうだけどね。

  • 歴史を学ぶと言うことは伝統を学ぶと言うこと。基本的には生い立ちから学ぶ方法が良い。

  • 現在起きている事柄は、過去の積み重ねで起きている。前提条件無しに物事を教えても理解はできない。四則演算無しに方程式は理解できないようなもの。近代史をきちんと学ぶべきというのはその通りだが、それはまた別の問題。年代よりも、扱う地域があちこち入れ替わるのが問題だと思う。

  • 流れに沿った方がいいと思う。要は時間配分なんじゃない?

  • 解答例から逆に数式の解法を学ぶのは効率的だが、その過程にある別の可能性を失うかもしれない。ましてや、歴史に関しての答えというのは現時点での主流の解釈に過ぎないのだから。

  • 学問では後代から前代を比定するセンスが要求されるかもしれないが、授業レベルなら流れを大づかみする方が重要だと思う。近現代史への時間配分は入試に出しまくればきっと解決する。あと、基本的に義務教育後に学習する科目なんだから、どこのどの時代にしろ知りたい知らねばと思うなら自分で学習すればいいという気もする

  • 縄文とか弥生の覚えることって私にとってどうなのよって感じ

  • 近代は覚えるべきことが多すぎて終わらないイメージがあるので。

  • 歴史は現在から将来と増えて行くのだから過去から始めるべき 今、立派な事を言ってたって未来の人達からすると過去の話になるのさ つまり温故知新

  • やはり過去の成り立ちから教えていくべきではないか?

  • 世界がどうやって今のようになっていくのかを辿っていく感じが好き

  • どっちでもいいや。どっちにせよ歴史の授業はキライなのだ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
しいたけられたシイタケ << prev
next >> ゲーセンでゲームをしていてケガしたこと...