ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

「鎮守の森」を「ちんシュのもり」と読んだ << prev
next >> 人は愛をつむぎながら歴史をつくる

なにものにもなれない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • それがどうした。

  • わたしはわたし。

  • 私は私で誰かの代わりにはなれない。

  • 自分なりに成長できたらそれでいいや

  • それでも悲しいかなわるあがき

  • 結果が出るのは、終わるときです。

  • それで良いんだよ、きっと。

  • だれにも似てない

  • なにものかになる必要はない。

×
  • 自分は自分以外のなにものでもないよ。

  • どうしてなりたいものを外に求める?

  • 僕らはなんにでもなれるしどこにだっていけるのさ

  • でも自分自身という存在がありますよ?

回答したユーザ
トラックバックURL:  
「鎮守の森」を「ちんシュのもり」と読んだ << prev
next >> 人は愛をつむぎながら歴史をつくる