ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

「吸血鬼ドラキュラ」という小説を読んだ... << prev
next >> 春…出会い…恋してぇ〜

役者が知的障害者を演じること

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 不自然さがなければ。

  • それを差別的だと言うほうがよほど違和感を感じる

  • 若干退屈ながらもフォレスト・ガンプは良作。

  • 「学校II」の吉岡秀隆と神戸浩、「四日間の奇蹟」の尾高杏奈、「風のガーデン」の神木隆之介、等。

  • …言っちゃ何だが「不謹慎厨」の素質を感じた。

  • ATARUの中居君はとても良かったです。

  • ギルバート・グレイプのディカプリオとか良かった。

  • ばかですねー。そうやって差異から目をそらして耳をふさいで口をつぐんで、一体自分が何を求めてるのかちゃんと考えてみましょう。

  • 役者だから

  • つまり知的障害のことは映画やドラマで扱うなってことですねわかります。だいたい馬鹿にする意思が無いのに馬鹿にしたことになるなんてあまりにも馬鹿らしいだろうに。それを言ったらトゥレット障害だってガンだって白血病だって患者を冒涜してることにならんかね?

  • この前の相棒のサヴァンはうまかったな。

  • 「アイ・アム・サム」のショーン・ペンは良かったなー。本物志向なひとには「八日目」をオススメ。これもとても良かった。つかまあ、そういうひとらを無視しないためにもそういう役があっていいし、演じさせるならば本物だろうと健常者だろうと、素人を仕込むより役者を使ったほうがいい場合が多いんではないかと思う

  • それも役の一つなのだろうし。 /『聖者の行進』は見てた。

  • 僕が演者だったら嬉しいと思う。凄く凄く。もし、役者側が否定的に役を受け止めていたら役自体が否定されてしまうから難しいだろうけど。

  • 振られた役を演じるのが役者

  • アイアムサム、CUBE、13モンキーズ、ローズインタイドランドとかが浮かんだけど、別に嫌いじゃないなと思った。実際自分が向き合ってるか否かで色んな見方になると思うけど、×側はたぶん『おそいひと』も観れないだろうな。実際の脳性マヒ障害者の方が障害者の殺人鬼役を演じる映画です

  • 知的障害者を演じることがもしもいけないのなら、 何かを演じること自体がいけないこととなるのでは?

  • 捉えようによっては色々だけど、悪意あっての演技・演出じゃないんだし。

  • 本気になるなら演じるほうも並大抵の苦労ではないと思う

  • 難しいだろうね。いろいろな意味で。

  • 自閉症患者を演じて、しかも自閉症患者の家族からもリアルさを認められた、ダスティン・ホフマンは偉かった。

  • そういうストーリーだから

  • あぁpost主さんの言われることも分かる。個人的には気にしてなかったというか、かっこいいだけの役や、他のドラマよりは胸を打つものがあるなと思ってました。ただそういう意見もあるだろうなと思ったのです。

  • それでは知的障害の問題を扱う事は出来なくなってしまうが。

  • 知的障害者に見えないように、知的障害者を演じきればいいと云う訳でもないけど。

  • 構わないと思う。凄い演技力だとおもう

×
  • 「全くなんとも思わない」を否定する

  • 八代将軍吉宗の徳川家重は良かったけど、あれは知的障害に入る?あと他の例を知らない

  • 汚い部分(ヨダレその他の汚物)は見せないね

  • 知ることは大切だと思うが視聴者を泣かせたいみたいな番組の意図が見えた段階で見たくなくなる。無駄に感動させたいような番組は大嫌い

  • どうでもいい。大変だろうなーとは思う

  • 正直違和感はある…表現と人権のせめぎ合いか…

  • 芦屋 雁之助の山下清はよかったが、他の人は自分の知らないドラマの話をしているみたいなので×にしとく。

  • どっちかというと知的障害者役は知的障害者に任せると雇用にもなるのにと思うが・・難しい?・・・

  • デリケートな問題なので役者さんもよほどの覚悟がないと、、ん〜とりあえず×に

  • 正直見たくない。こういうの嫌いなので

  • 和久井映見とかあんな可愛い子が有り得ないとは思いましたね。

  • リアルに演じようとすればするほど、差別的なものを感じる。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
「吸血鬼ドラキュラ」という小説を読んだ... << prev
next >> 春…出会い…恋してぇ〜