ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

あーあ、1日36時間になればいいのになぁ。 << prev
next >> 多いのは、始発電車で ○帰宅 ×出発

体は入れ物でしかない。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • すべての可燃物質にはフロギストンが含まれており、これが放出されることで燃焼が起こる.。

  • それゆえに大事

  • ちょっとわかる

  • 内臓とかきもくね?

  • いがらしみきおが昔そのような哲学みたいな話の4コマを描いてた

  • 156 *

    なんかきもちわりーし。

×
  • 何の入れ物?

  • 身体が大事なので風呂で綺麗に洗った後で答える。 // 身体を休めねばならぬので寝る。「実生活」でコメント検索されたし。と云うか、お前ら、ネットばっかやってんじゃねぇよ。

  • 「利己的な遺伝子」という本では、「身体は遺伝子を乗せるビークル(乗り物)である」と書かれていた。確かにそう思う。

  • 体が全く機能しなければそれはつまり死んでるってことだよ。

  • そのくらい達観できると良いんだが。

  • 入れ物と割り切れるほどの人生は送ってないな

  • そうでも無いと思うけど、こんな体もう要らない。

  • 五感は体が感じるものだし、やわい入れ物では中身も壊れやすい。概念的に、肉体に縛られずに飛翔する精神、という意味なら分かる

  • じゃあ腕を切って売ることが出来るんですか

  • 水の詰まった肉

  • 仮に入れ物ではあったとしても"しか"でははないな。文脈がわからないけど頭でっかちな考えな気がする。身体を軽視し過ぎ。

  • 心だけじゃなくて全身で感じること、あるよね。

  • よくわかんないけど、肉体はしょせん魂の乗舟

  • 体はあたしにとっては心同様大切なもの。体が壊れてしまったら…

  • 魂など存在しない。脳を走る微小な静電気が「意識」たるものを生み出している。それもまた継続維持の補佐システムでしかない。身体が物理的事象なら心もまた同じく物理的事象。

  • 魂の存在を仮定するとかなり合点のいく事象が多いのでそう思うべきかもしれないが、容れ物を大事に出来ないようでは中身もたかが知れている。

  • まるでそうであるかのように錯覚するほどとりとめのない食欲。春だからでしょうか?

  • もしそうであるのなら薬物で簡単に精神を乱す事ができるのはなぜかと聞かれたらどう答えるつもり?

  • おれにとっちゃあ肉体の方が大事だ。

  • 意識は脳細胞同士の「関係」。…脳医学的にはね

  • 魂はたくあんの黄色い汁みたく身体に染込んでいるのかも。染み出すことはあっても抜け出すことはできないかもね。その汁が腐ると死ぬのかもしれない。

  • 自意識とは体細胞の相互作用から生じる過渡現象に過ぎない

  • 脳も体の一部じゃない?魂なんてないからね

  • 出すことも出来る。意識の有無に関係なく自由自在に

  • かけがえのない入れ物だよ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
あーあ、1日36時間になればいいのになぁ。 << prev
next >> 多いのは、始発電車で ○帰宅 ×出発