ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

「私は悲劇のヒロイン、だからきっと王子... << prev
next >> 人間・神格

レモン

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 先日、職場の先輩から庭で生えてるレモンをいただきました。

  • 蜂蜜とのマリアージュは完璧。

  • いまさらですがくまざわ書店じゃないっすか?>>酢の者さん

  • 甘酸っぱさと爽やかさと青春っぽさがあって好き

  • 文字でみただけで口の中がすっぱくなったよ

  • 原産地はインド北部(ヒマラヤ)。樹高は3mほどになる。枝には棘がある。葉には厚みがあり菱形、もしくは楕円形で縁は鋸歯状。紫色の蕾を付け、白ないしピンクで強い香りのする5花弁の花を咲かせる。果実は紡錘形(ラグビーボール形)で、先端に乳頭と呼ばれる突起がある。最初は緑色をしているが、熟すと黄色になり、ライムにもよく似ている。ただし、レモンと名は付いていても他の柑橘類と交雑した品種(マイヤーレモンやサイパンレモンなど)では栽培環境で果実の形が変わり易く球形に近いものや、熟すとオレンジ色になるものもある。

  • レモン味の飴やレモネードなど。唐揚げにかけるのもまあまあいける

  • 大切なフォルダーのフアイルをレモンにしてました 見ないで~

  • 生では食べたことないけど、好き

  • 切って変身!絞って変身!

  • 催眠術でレモンが甘くなるとか言って、それを証明するためにレモンを丸かじりしているのを見て美味しそうだと思った。ミラクルフルーツが手に入ったらやってみたいなあ。

  • エナジー!! ロック…オン!!

  • レモンレモンレモン!

  • レモンティーとかレモンケーキなら好き

  • 香りも良いし、酸味も好き。料理やお菓子作りに使うのは、国産レモン。//酢の者さん、「檸檬」は、梶井基次郎の小説で、丸善書店京都河原町店が閉店時、「店に檸檬を置いていく人が絶えなかった」とニュースでも流れていました。

  • 渋谷公会堂がC.Cレモンホールに改名したと聞いた。

  • 甘いようななくないような

  • これの汁を唐揚げにかけて食べると美味しいです。ていうか・・・酢の者さんwwww

  • 三省堂書店じゃないっすか?>>酢の者さん

  • CCレモンを飲みまくってます。

  • 今井書店じゃないっすか?>>酢の者さん

  • 落とし物を預かっております。>>酢の者さん

  • 紀伊国屋書店じゃないっすか?>>酢の者さん

  • 岩瀬書店じゃないっすか?>>酢の者さん

  • コーチャンフォーじゃないっすか?>>酢の者さん

  • ヴィレッジヴァンガードでは?>>酢の者さん

  • よむよむじゃないっすか?>>酢の者さん

  • エーツーじゃないっすか?>>酢の者さん

  • 未来屋書店じゃないっすか?>>酢の者さん

  • 旭屋書店じゃないっすか?>>酢の物さん

  • 中野タコシェじゃないっすか?>>酢の物さん

  • かもじや本店じゃないっすか?>>酢の者さん

  • ブックファーストじゃないっすか?>>酢の者さん

  • 福家書店じゃないっすか?>>酢の者さん

  • 春苑堂書店じゃないっすか?>>酢の者さん

  • 電子書店パピレスじゃないっすか?>>酢の者さん

  • 教保文庫じゃないっすか?>>酢の者さん

  • ブックオフじゃないっすか?>>酢の者さん

  • 三省堂書店じゃないっすか?>>酢の者さん

  • ブックスきょうはんじゃないっすか?>>酢の者さん

  • ひょうたん書店じゃないっすか?>>酢の者さん

  • 八重洲ブックセンターじゃないっすか?>>酢の者さん

  • Amazonじゃないっすか?>>酢の者さん

  • 芳賀書店じゃないっすか?>>酢の者さん

  • 欧明社じゃないっすか?>>酢の物さん

  • ジュンク堂じゃないっすか?>>酢の者さん

  • 紀伊国屋じゃないっすか?>>酢の者さん

×
  • 生で洗って食べたらきらいだけど、唐揚げにしるをかけて食べるならへいきだ。

  • 嫌いじゃないけど特別好きでもない

  • ザ・テレビジョン

  • 目の前で皮摘むと美眼効果あり

回答したユーザ (104人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
「私は悲劇のヒロイン、だからきっと王子... << prev
next >> 人間・神格