ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

半開きのドアに気付かず顔をぶつけたこと... << prev
next >> 厚生労働省の年金の試算はバカ。

国会議員の給料をサラリーマンの平均年収並にする

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • どうせ「政務活動費」的なものは別だ。純粋な給料はそのくらいが適切。宿舎やJR特権も残ることとして想定。

  • 2世議員、3世議員が増えているのだから、それくらい安くしてもいいと思うが。

  • いい国会議員はいっぱいいるけど、1年先も読めないような国会議員へは、その給与すら出すのが惜しい。他に回せ。

×
  • 形だけ○にしても、裏で自身へ利益が廻るように画策する公算が高く、余り意味を成さないかと…

  • それつまり、求める能力も責任も平均的なサラリーマン並、って事ですよ。

  • もっと上でいい気がするなあー

  • 終身雇用でもないのに給料がサラリーマンの平均年収では生活できないのでは?

  • それは国会議員の月々の給料をサラリーマンの年収並みにするって事かい? 高い高い! スウェーデンの実例を見てみ。

  • 職が簡単になくなってしまう国会議員も生きなければならない。お金は誰にでも必要だ。

  • 年収に限らず、国会議員とサラリーマンをそんな形で一緒くたに考える事自体間違っている。

  • 選挙の費用に関しても何にしてもかなりコストがかかるし、場合によっては命にも関わる。失言一つで即、無職。サラリーマンと一緒なのは酷。人の上に立つものとしての自覚と責任は果たすのは当然としての話で。

  • 誰もやりたがらなさそう

  • 役人もそうだが、ワイロで回収しようとするだけです

  • 人数を減らし今の2~3倍の歳費に設定する。その代わり国民の審判において「能力がない」「犯罪行為を犯した」と判断された議員はそれまでに支給された歳費(文書通信費等含む)の総額の3倍の金額を国庫に納めなければならない、がいい。真面目にやる議員は何のリスクもなく魅力的な報酬が貰える。

  • 数を減らせば良いんだよ。

  • 任期を考えな。任期が終われば無職、落選すれば無職。国会議員は言葉の揚げ足ばかり取られ発言一つで無職になる。酒の席に同席した人がのちに犯罪を起こしただけで無職。緊張しっぱなしの生活をおくる職業がセラリーマンと同じ給料なら誰もやらない。ってかやれない。もちろん命を狙われる職業だ。国会議員をめざしている人がある程度保障されてもいいと思う。さらに公設秘書や私設秘書の存在を考えた上でその発言ができるとは思えない

  • 人数半分にして給料2倍にしてもいいと思う

  • 地方のボスだけが国会議員になれる制度だね。ところで、市の職員の給与が高いと阿久根市長が怒っていた。

  • 高すぎる分は下げて、あとは出来高払いとかもいいかもね。居眠りしている人は減給で!

  • んなことしたら横領や賄賂などが増えるし、議員に憧れをもつ若者も減るじゃん。

  • 官僚の薄給が天下り問題の原点の一つなわけだが、それについてどう思う。

  • 給料が高い人を僻んでも、お前の給料は上がらないよ。給料が安かったら金持ちしか議員になれない。個人的には今よりもっと高くていいと思っている。

  • サラリーマンって言ったってピンからキリまであると思うんだが。

  • それで官僚の上に立つことができるわけがない。

  • 落選した時どうしたらいいんだろうね。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
半開きのドアに気付かず顔をぶつけたこと... << prev
next >> 厚生労働省の年金の試算はバカ。