ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

雨が降れば傘をさす << prev
next >> 腹が減っては戦は出来ぬ

ひよこは実は黄身ではなくて白身が変化したものであることを知っている

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 黄身を吸って、ひよこは黄色くなったとさ。

  • 黄身は栄養なんだっけ?

  • まあ、言いたいことはわかるので黄身だけで成り立ってるわけじゃないと言うことで○

  • 正確には×なのかもしれないけど、コトノハだったら〇

  • まぁ、白身も黄身もひよこのために使われるので上の文章はちょっと変だな。

×
  • ニワトリの愛が変化してヒヨコになるんだ。

  • 卵白だけではなくて卵の中身が変化したものとも言える

  • post者は嘘を書いてはいけない。小学校の理科で習う。卵黄の胚部分が細胞分裂を繰り返して雛になる。卵白は、ほ乳類の羊水の様な物。抗生物質成分を含んでいる。ちょっと検索をしたら、ヨード卵光のwebにも出ている。http://www.yodoran.com/hyakka/q... 卵黄は、雛の栄養になる。

  • 勉強になりました。

  • え、え、これ信じちゃっていいの

  • 間違った情報を得意げに流さないように。

  • え、あのトゥルトゥルがひよこに?じゃあメレンゲはひよこを泡立てたもの?

  • 知らなかった(・Д゚)

  • へぇぇぇ!

  • 知らなかった!! ひよこは黄色、黄身は黄色。イコールじゃん!って・・・

  • 鼻水吹くほど驚愕した

  • なんかイメージ崩れますね

  • 黄身がパカパカと分裂していくのです

  • それは間違い。将来ひよこになる胚は黄身の表面にある。

  • 黄身は栄養?

  • そうなの?

  • 正確にはどちらでもないはず。そしてひよ子の発祥は筑豊飯塚です。

  • へぇ〜(ビックリ)。

  • おぉそうなのか・・今クロノトリガーやってるんですがラスボスのラヴォスみたいなもんなのか。(ネタばれ注意?)

  • ひよ子は、福岡・博多の名物おk(ry //↑るうきさん、本社は飯塚だったんですね。知りませんでした。

  • 黄身の成分も多分に入ってるよ。だってひよこが卵割って出てくる時に黄身は残ってないだろ?

  • ヒヨコになるのはの卵黄上部にある「胚」では?まあ今調べたんですけどね

  • うーん。黄身が核で、白身がたんぱく質。どっちがどうというか、どっちもというか・・・

  • 知らなかった

  • うん。知らなかった

回答したユーザ
トラックバックURL:  
雨が降れば傘をさす << prev
next >> 腹が減っては戦は出来ぬ