ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

科学は正しいと言う 迷信の風で育った << prev
next >> 「俺、歪んでるかも」

普通でいることは実は一番難しい

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • そりゃ、「平均点を取るのが普通」ではなく「満点を取る普通」だからな。偏差値嫌いも「個性」嫌いも、要は此処に繋がる。

  • 似たようなこと、高校時代に言われた。

  • 「いる」と「隷属」は違う、と意味も分からず言ってみる。

  • そうですね。勝手に誤解する人もいるようです。

  • 人間の世界はばらつきが大きいもしくは普通の基準が厳しいよね。

  • だって、いつも普通じゃないんだからね。普通にしようって思うことが実は普通じゃないんだよ。

  • いつもちょっとずつ、普通からずれてるような気がして生きている。

  • 別の意味で賢くなるのに、人の倍は時間がかかったな

  • 物心ついてからこっち、周囲からは常に「普通じゃない」扱いを受けて来た私と弟。悔いなどないけどね!

  • 本当に悩みどころ。

  • 普通科に通っていたのに。

  • 大勢が求めている、普通という名の平均を目指すのは当然難しいと思う。

  • 優等列車を先に行かせたりとかね

  • 普通の基準にもよるだろうけど

  • それぞれ一人一人自体は実はあまり違ってなくて、一人一人が考えてる普通って方がはるかに大きく違ってるんだろうなと思う。だから、そのずれた普通に、他の人と変わらない自分を当てはめるのが難しい。

  • 力抜いてるとどんどん普通じゃなくなっていくからそうかも。

  • 難しいとは思うけど、普通な人間にだけはなりたくないと心から思う。

  • 普通の定義って?

  • 普通ってゅぅのキライ

  • 普通ってよくわからない

  • 普通ってなんでしょうね

  • 「普通」が何なのか曖昧だから、そうあろうとする事は難しいよね

  • 私だけが知っている苦悩ね、共感できる人は地球上に誰もいないの。天女にでも生まれるべきだったのが手違いで人間に生まれた私。本当の恋を目指すのは生まれ変わってからにするわ

  • 普通を保つためにはありとあらゆる技術が必要だ

×
  • 普通ってなんだろう。これだけ人間が増えて価値観も多様化した世の中に於いては誰もが普通でない側面を持っていてもおかしくはない。

  • 自分は普通だと思ってる普通じゃない人に、あなたは普通じゃないですよと分からせる方が難しそう。

  • 普通ってなんだろう…

  • 一番ではないけど、難しい。

  • そうでもなくないかな。

  • 自分のすきなようにしてればいいよ

  • 普通でいるように努力しているつもりは全く無いが、俺が特殊だとは思わない。

  • 急行に乗って先回りしたくなるんですね。わかります。

  • 確かに難しいかもしれないけど一番ではないんじゃ?そもそも普通って何やろ…

  • 普通って人によって基準が違うと思う。常識人ではありたいと思うけど普通でありたいとはあまり思わない。

  • っていうか、普通ってよくわからんし。

  • 普通の定義が難しい。

  • 難しいのは身分相応の枠から抜けること。

  • 府中に住んでいる友人には簡単かもしれない。

  • 今普通のつもりでございます。

  • 自分の思うフツーで良いんじゃないかな。

  • 気がついたら、普通だったんです。(30代男性)

  • 気を抜いたら普通になっちゃいそう。

  • 今日も普通がいいや

  • 場合によるが、一般的に難しくないから「普通」なんでしょうよ

  • もっと難しいことが世の中にはある

  • 普通って言うなぁ!!

  • そんなことはないが、そうあるべく努力はしている

  • 人間百人いれば百の価値観、すなわち百通りの普通があるかもしれない

  • 普通より前に自然体になりたい

  • 急いでいる時は、特急に乗らないと間に合わないんだよ・・・。

  • 普通に見える人が付き合ってみて実は普通じゃなかったことなんてよくあること

  • 「自分は特別だ」なんて中二病ではないだろうか。

回答したユーザ (111人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
科学は正しいと言う 迷信の風で育った << prev
next >> 「俺、歪んでるかも」