ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

生放送中にイタズラをしたら放送中止にな... << prev
next >> なれるなら、 石油王○ 一国の王×

人間はこれからもどんどん科学的進歩すべき(○)昔の暮らしに戻るべき(×)

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 進歩の意味を履違えている連中が多いからな。昔の良い所取りをして新しい技術を進めていくのは進歩だよ。

  • クメール・ルージュ、ポル・ポト派、どっちが一般認識されてるのか知らないけど、歴史的実験とその結果がカンボジアにある。歴史から未来を予測できないなら歴史の意味なんてない。そのために言葉、文字、記録があるんだよ。問題認識と解決には知識と想像力が求められるが、認識できないから腐りつづけてる。単にバカな種は結局は同じ道を歩んで、今の科学に戦争や飢餓や貧困を引き連れて戻ってくる。そう、ロンドだよ。

  • 戻っても結局同じ道をたどると思う

  • 昔っていつだよ問題。 産業革命から高度経済成長期だったりするとどんだけ煙モクモクさせてたのっていう話。

  • 進歩するのは良いが、農業をもっとやってくれ。

  • 昔には戻れない以上、前に進み続けるしかない

  • もっとエネルギーコストを低くする。

  • 科学が進歩した気結果、人と触れ合うのが良いと判断されたならそうなるだろ。たぶん。

  • 科学の進展に自分を同期させる必要は無い。社会とのギャップをある程度埋めておけば暮らしにまでケチはつけないよ。

  • どう言った暮らしをするにしても科学の進歩によって物事を解決するしかない。

  • 昔の暮らしのように戻るのも科学的進歩?・・・

  • 今更戻れないでしょう?

  • 今でも自給自足の暮らしをしている人はいるよ。科学の進歩と昔の暮らしは同時に成り立つんじゃないかな。

  • 火星に入植できるようになるまで進歩は止まらない。

  • 人は今の科学の便利さを享受して、もう昔の生活には戻れないだろう。ならば、科学的に進歩していき、環境などに配慮した生活をするべきだ。

  • 人は何処まで広がっていくことが許されているのでしょうか。どちらの道を選んだとしてもやがて終焉の時が来るのならば前のめりに倒れる方がいい。

  • ただし人文/社会科学を無視しないでくれ。これはどうあっても自然科学には還元できない。

  • 時代の潮流は容易に後戻り出来る物ではない。だが、科学的進歩が人間を「幸福」に導いたか、はたまた「不幸」にしたのか明確な結論が出ていない現状において、「科学」なる物に一抹の不安を覚える心情はわかる。

  • 昔の暮らしに戻るという選択肢があるのかどうかさえ謎です

  • 昔にもどれば昔の問題が出てくる。それを改善するには今の技術が必要だったり。ってやってるうちにいつの間にやら現状の通りになると思う。

  • 科学がかなり進歩し、環境にも配慮できる画期的ななんらかのシステムを発明できたら一番良い。ただ、人との触れ合いも多くないと嫌。

  • もはや人間ではなくなってしまう

  • 昔の暮らしに戻っても、結局は科学的進歩をすることになるんじゃないかな。今の生活は昔の暮らしの科学的進歩の結果なんだし。

  • 科学が進歩した結果「昔ながらの生き方が最も良い」と証明されるかもしれない。何が最善かを科学的手法で究明したい。

×
  • 江戸時代に車があれば良いし、現代に騒音公害が無ければ良い。やはり便利且つ生き良い環境双方だろう。そのためには科学、人心どちらからのアプローチも必要なのかもしれない

  • 人と触れ合う機会が減りそう。自給自足もやだけど…どちらかといえばこちら。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
生放送中にイタズラをしたら放送中止にな... << prev
next >> なれるなら、 石油王○ 一国の王×