ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ゼリーの入っている缶ジュースを見たこと... << prev
next >> 男は周囲を意に介さず自惚れ、女は周囲を...

「よく」考えるだと深く。「よく」思うだと多く。になるのはなぜ?

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • そーゆー単位ってことにしておけ(?)

  • *

    ふむふむ。みなさんどうも。取り敢えず「両方とも深度も頻度もあるし、動作と深度、状態と頻度、が特に強い関係を持つ」という結論に至りました。ありがとうございました^^

  • 頻度や善悪については両方に当てはまる。「思う」ではなく「想像する」という行為であれば深さについて言及できることから、意思的で且つ、知覚的な動作に限って使われているのではなかろうか。「思う」は多様な使われ方をするが、主に状態を表しているということかな。

  • よく考えるの「よく」も頻度を表しているのだが多く考える=深く考えるになる。色々考えることが深く考えるってこと。

  • 「思う」行為には深さがあまり関係しないからだろうなあ。「深く考える」とは言うが、「深く思う」とはあまり言わない。

  • そういうのって「よく」あるよね。

×
  • 「よく思う」を一瞬「好意的に」と変換した。

  • あなたのことよく考えるのってどっちと思いますか?

  • 「よく考える」の「よく」を短く発音し、「よく思う」の「よく」を、「よ~く」と長めに発音してみよう。あら不思議、逆のニュアンスに!

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ゼリーの入っている缶ジュースを見たこと... << prev
next >> 男は周囲を意に介さず自惚れ、女は周囲を...