ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

後宮小説 << prev
next >> ハムリンズ

羮に懲りて膾を吹く(あつものにこりて なますをふく)

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 本当にビビり。比喩だが、よくやってる。

  • 暫く膾の意味知らなかった。

  • 凡その事は予め相場を把握していると気が楽なんだけど…

  • 注意しなきゃいけないときに限ってしてない、できない

  • で、膾に懲りて羹を煮る。endless。

  • ははは、誰がNO BADなんてノルマ付けるものか、はははorz

  • 素人だから危険度の違いが分からんのだ

  • 膾に懲りて羮を吹くのは正しい日本語ではない。

  • 無用な用心だが

  • まちがって羊羹をイメージしてしまうともうわからなくなるけど

  • 羹に懲りなくても膾は吹く性質。

  • 静電気が怖くて夏になってもドアノブにびくびく

  • もう二度と恋なんかするものかっ・・・てか。

  • オートメイション

  • 疑う心も たいせつなこと.

  • 石橋をたたいてたたいてわたらないらしいよ

  • 無用かどうかは結果が出るまでわからないので、損だけはしたくないのだ。

  • 失敗はしたくないもの

  • 石橋を叩いて渡らない

×
  • 薬に懲りてに見えた

  • 懲りないで 何度も同じ間違いを犯す。いいかげん懲りないきゃいけないね…

  • 間違いを二度と正さない

  • 熱物煮こりて・・・かと・・・

  • 「なます」とは何なのかいまだにわからず。

  • 喉元過ぎれば熱さを忘れる

  • おせち料理の時期にしか思い出さない諺

回答したユーザ
トラックバックURL:  
後宮小説 << prev
next >> ハムリンズ