ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

CHAGEと矢崎滋はそっくり << prev
next >> 今度生まれ変わったら牡蛎になりたい。

誰かを助けるのに理由なんているのかい…?

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 大切な人を殺した人なんかは助けたくないだろうし、不正受給者なんかも援助したいと思わないし。

  • この○回答は「理由が要る/要らない」どちらの意でもありません。

  • いる。「助けた」と言う端的な事実によって助けた側の選択の自由が制限されてはならないから。つまり選択可能な複数の行動の内の一つとして救助したのであり唯一の絶対的責務として彼(or彼女)を救助したわけではない…話者A「では助けられた側の立場はどうなる?」話者B「助けられたと言う事実を自覚する以上の辱めを受けたいの?」 

×
  • 食事に誘うのに理由なんか要るのかい?

  • 「誰かを助けるのに理由がいるかい?」だったら問答無用で◎なんだけど、このコトの言い方はなんかもにょる。

  • 理由なんて考える前に体が反応すれば良いが・・・

  • 必要ではないが理由は存在すると考える。「困っているようだから、可哀相だから」といった感情を理由として認識するかどうかと問われれば私はそれもれっきとした理由だと答える

回答したユーザ
トラックバックURL:  
CHAGEと矢崎滋はそっくり << prev
next >> 今度生まれ変わったら牡蛎になりたい。