ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

おかまは認められやすいのにおなべが認め... << prev
next >> 今まで本気で人を殴ったのは何回ですか?

スーパーファミコンの限界に挑戦したゲームソフト

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • ロードで止まるストリートファイターZERO2とかはそんな気がする。やったことないけど。

  • スーパードンキーコング3部作

  • テイルズオブファンタジアかねぇ…あの時代に歌を入れるって技術的にも発想的にもすごい。

  • テイルズ オブ ファンタジア、スターオーシャン(各48Mbit)、後期のスクウェア、エニックスのゲーム。

  • SM調教師瞳シリーズ。違う意味で限界に挑戦したと思う。

  • テイルズ オブ ファンタジア、スターオーシャン、FF6以降の旧スクウェアゲーム。

  • TOP、SO、ストZERO2は48Mbitで恐らく最大容量/アクトレイザーは初期作品であの音質は秀逸/DQVIとIIIもすごい

  • スーパードンキーコングとマリオペイント

  • 敢えてアクトレイザー。ハード立ち上げ直後にいきなりあの音源の使い込みは凄い。

  • ドンッ!0%0%0% は表現能力を高めるためのチップをロムカセットに内臓したことによる副作用らしい

  • 「テイルズ オブ ファンタジア」なんかそう思う。テーマソングを歌付きで入れたり、まだ技の名前程度だったが、当時としてはROMカートリッジのソフトでキャラがしゃべるのが斬新だった。

×
  • 初期のソフトでグラディウス3。限界に挑戦して盛大に処理落ち。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
おかまは認められやすいのにおなべが認め... << prev
next >> 今まで本気で人を殴ったのは何回ですか?