ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

6をセックスと読んだ << prev
next >> アンパンマンの顔を食べたら、犬アレルギ...

家畜は人間に殺されるために生まれてくる

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 人間が管理している以上は、基本的にはそうなのでは?乳牛やペットなんかは例外かもしれないけど。

  • 食う為に飼ってる

  • 言い換えても同じだと思うんです。殺さないで食べるって無理じゃないです?言い方はかなりきついし、乳牛とかもいますけどね。

  • 殺される、ってか食われる。

  • だから"命"を「いただきます」

  • 飼い殺しと言う言葉を当てはめたいなら、そうなのだろう。人も。

  • まあ、そういう解釈もできるな

  • まぁそういうシステムだから

  • 別に家畜に限らず、食べられる物には全て命がある訳で。その命を喰らうんだから、懸命に生きないとね

  • 「肉として生まれ、肉として育ち、肉として食卓へ」という名コピーがありましてな。

  • 乳牛とか卵鶏とか耕牛とか例外もあるだろうけども、大多数がそうなんだよね、現実。哀しいね。

×
  • 家畜はそんなこと考えてない、と思う。

  • 違います。命を屠って、その命をいただくから「いただきます」。僧は動物すべてを食べてはいけなかったから精進料理がうまれた。生きていくには動物(魚も含む)をとらなくてもよいが、それだと長生きは出来なくなるのかはわかりませんが。

  • 「殺される」じゃなくて「食べられる」の間違い。それを言ったら人間以外の全ての生き物は「○○に殺されるために生まれてくる」ワケなんだし

  • 目的は殺す事では無いでしょう。確かに食肉が用途の家畜ならば屠殺されますが、それはあくまで手段。家畜は目的の為に生み出されたものであって、手段の為に生み出されたものでは無いはずです。

  • もっと色んなことのために生まれてくるね

  • 生態系の論理と人間の論理のどちらから見ても半端な気がする。関連になるかな「肉売り場に置いてある、笑顔の牛や豚のぬいぐるみを見ると、心が痛むhttp://kotonoha.cc/no/119495

  • こういう言い方は、「家畜」を大切に大切に育てている畜産農家の方にも少々失礼な気がします・・。むずかしいね。

  • 少々驕り過ぎです。

  • そういうお年頃なんだ。

  • 屠畜は生物史上稀に見る残虐な行為かも。とか言ってもそんな事するのは人間だけだし、そんな事言うのも人間だけ。

  • 食用に殺すためならやむを得ない?でも肉のような食料をつくろうとしないのかな

  • 屠殺?するまでにいろいろ食べて大きくなる。人間は酷い生き物だけどこういうのもある意味弱肉強食なんだね・・。

  • 育てられるために・・?そして食べられる・・・

  • 人間が食料としていつでも攫えるシステムを構築しているだけ。あげく家畜を擬人化して「おいしいよ」とか人間本意なセリフを言わせてしまう人間って調子乗りすぎじゃないかと思う

  • 殺される為に生まれてくる・・・って、それ人間のエゴのような物言いじゃないのか?

  • 一方、野生動物は天敵に殺されるために生まれてくる。まあ大差ないな。

  • 殺されるため」が嫌。食べられるために生まれてくるから絶対に残さないし多めに作らない。

  • 例外もいるし、ペットも家畜の一種じゃないのか?

回答したユーザ
トラックバックURL:  
6をセックスと読んだ << prev
next >> アンパンマンの顔を食べたら、犬アレルギ...