ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

たけしの戦国風雲児 << prev
next >> コアントロー

為替相場が変動することで産業が衰退していくのは不条理だ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 世界は共産化シフトについて再考すべき局面に来た

  • 各国の購買力平価が一日で激しく上下するのもおかしいしね

  • 虚業はいずれ規制の方向へ向かう

  • 不条理な気がするね。

  • 昨日まで同じモノ作ってたのに、数円変わっただけでモノが売れなくなる。失業が増える。おかしいじゃないですか

×
  • 一部の産業が衰退するだけ。恩恵を受ける産業もある。国全体でそれにより恩恵を受けるには、為替相場が変動する前の産業構造を変える必要がある。

  • 不合理の原因はそこではないと思われる。

  • その為替変動によって実態以上の利益を上げていたこともある。2008年12月現在の経済状況だけでモノを言ってもしかたないんでは。

  • ただの自由価格だよ。投機要因による変動は言うほど大きくない。金利要因を言うなら「日本の製造業は低い名目金利下の円安で利益を得てきた」って話。購買力平価は長期の決定要因。あと為替変動で起こるのは「同産業の他国へのシフト」。

  • 「気まぐれな消費者の好みや流行」に左右される不条理さに比べればものの数に入らない

回答したユーザ
トラックバックURL:  
たけしの戦国風雲児 << prev
next >> コアントロー