ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

外国人を蔑む人は下流階級に属することが多い << prev
next >> 「相殺」という言葉はぷよぷよで覚えた

日露戦争

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 正露丸はもともと「征露丸」

  • 日本が総力をあげて取り組み、政治家、民間会社から指揮官、兵士まで皆良い仕事をした。小国日本はスタミナ切れが心配されたが、奉天会戦、日本海海戦のワンツーパンチが炸裂し、ロシアも革命騒ぎで厭戦気分が出てきたこともあって、僅差の判定勝ちに持ち込めた。しかし、これが日本の勘違いを誘い、日中戦争へ向かう転換点となった。

  • 日本がロシアに勝った戦争

  • 何とか勝ったはいいが賠償金得られなかったと暴動を。ここが暗転の始まり。

  • この戦争における日本の勝利って当時からすれば世界的大事件だったんだよなあ。

  • 日比谷焼き打ち事件に、ネット住人心理のルーツが見える

  • 武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝事が本にて候

×
  • 1904年開戦を「いくわよ」と憶えた中学時代。

  • ぱっぱらぱっぱ ぱっぱらぱっぱ

  • 1904年(明治37年)2月6日から1905年(明治38年)9月5日にかけて起こった、大日本帝国とロシア帝国との戦争

回答したユーザ
トラックバックURL:  
外国人を蔑む人は下流階級に属することが多い << prev
next >> 「相殺」という言葉はぷよぷよで覚えた