ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ボーリング場でビリヤードをやる << prev
next >> 寝ている人の頭のまわりに、ぬいぐるみを...

芸術とエロの境界線がわからない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 女の巨大オブジェの入り口が股間だった

  • 下劣ながら、AVでも性器はモザイクがかかっているのに、肛門はかかっていないという矛盾。

  • 見る側の意識の問題なのでは?

  • 男の芸術は勃起をおさめるためにある

  • 確かに芸術とエロの境界線はよく分かりません。

  • そういえば分からない

  • 少なくとも一本の線ではないからな。

  • ないと思う。西洋のクラシック物なら特に、歌でも絵でも性や愛情表現に対してすごくおおらかだし

  • たしかにこれは…。

  • エロいと感じるのは人によるから、はっきりとした境界線はわからない

  • 芸術家がどのへんから性欲の対象になるのかって気になる。

  • 非常に難しいですね。

  • はっきりした境界線はないのでは?

  • あーうんなんかその気持ちがわかる

  • エロティシズムは芸術の大事な要素だから、境目ないと思う

  • これはアートです、と言われると大抵そう思えてくる

  • そうだなぁ…

  • 裸婦のことですよね?

  • 見る側の感覚でしかないからね。

  • 理由は後付けだろって思うときがたまに…とくにプロでもない人だと

  • そもそも境界線の設定自体がナンセンスな感じがする

  • 俗物的な卑猥さと妖艶なエロチシズムと説明しようとしましたが、大衆的なアレにも高い評価のアレでアレなんですよね

  • エロいものは芸術になりうるのです

  • エロスを感じる芸術だってあるので境界線なんて無いようなものです。

  • 中世西洋絵画の裸婦像は、現代で言う「グラビア」的な役割を果たしていたのではないかうんたらかんたら

×
  • 普遍的な境界線があると思ってるのかな

  • ある意味権威とか名声の有無。

  • 商業的なエロだって、需要に即したエロだって、人が作るべくした作ったものは多かれ少なかれ芸術なのだ!

  • その日の感性によって境界線がかわることはわかる

  • 「美しい」とか「理解不能」とか「意味不明」とかいう四角張った気分になれば芸術、「あらまぁ」とか「いや~っ」とか「イヒヒ」という下卑た気分が芽生えればエロ

  • 境界線というか、エロで芸術とエロで非芸術がある。芸術か否かの判断は主観で。

  • 法律の世界では、一応判例がありますね。よくわからない基準ですが。

  • そんな線引きは見た人間が勝手に決めるものであって、万人共通の線引きはできないと思う。つまりそんな境界線の存在は不要って事で。

  • そう言う目線で見るからそう見えるんだと思う。

  • 芸術の語源はアルテ=技術です。作り手の思想あるいは意図のようなものを素材に反映し形に昇華させた結果として生命に直結するエロティシズムを身に纏うものであれば芸術作品と呼べるのではないかと思います。ただ、作品から汲み取るものは人其々で一概には言えませんが、何でもかんでも芸術って言ったもん勝ちみたいな風潮は好きじゃないです。

  • 某オタクアートの人を思い出した

  • いちにいさん、「中世」とされている時代には裸体の絵は描かれていません。ルネサンス期には一般の女性の裸体は駄目だけど、神話の登場人物ならおkということになりました。一般の女性のヌードが描かれるようになったのは、おそらくゴヤの裸のマハからです。それはおいといて私は境界線などないと思います。エロは芸術の中のひとつです。

  • 皆さん述べられてるとおり、実用性の有無で。

  • 勃つか勃たたないか。勃ってるか勃ってないか。

  • 逆に考えるんだ!エロこそが芸術だと!

  • 美しいヌード写真なんかを見ると、ただ「綺麗だなぁ」と思う一方で、せっかく裸見れてるのに、まったくエロい気持ちにならないのが、なんとなく悔しいような気になったりする。

  • なんとなくわかる。

  • 個人的な経験で言うと、ヌードデッサンしてる時は性器見てもなにも感じない。人を悦ばせようとするのがエロ、人を感動させようとするのが芸術。

  • 芸術にもエロの要素はあるが、下品ならエロ・・・?

  • エロスとは愛(性的な意味も含む)である。芸術は美に関する技法といったところ。それ故に個々の感性によって何が芸術的であるかは様々な解釈を生む。個人的には性的な愛に関する表現はエロと共通すると考えている。強いて違いを挙げるとすれば、エロと呼ばれる場合のそれは、より身近で扇情的なものを思わせるものだというところでしょうか。

  • 芸術が軸にあるエロと、ただのエロは違うでしょう

  • 境界がひけるような同次元の概念じゃないね。エロい芸術もエロくない芸術もあるのさ

  • 春画は興味深いが、個人的に興奮するかと聞かれると微妙。時事風俗も絡むんだろうなあ。/……。

  • エロの中に一種の芸術がある。

  • 関連性はあるかもしれないけど。

  • エロスが題材の芸術とかは境界線は無い。同じもの。

  • 自分基準は厳然として存在する。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ボーリング場でビリヤードをやる << prev
next >> 寝ている人の頭のまわりに、ぬいぐるみを...