ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

なにフェチですか? << prev
next >> 同じガムでもキヨスクで買うのが一番旨い

画家は死後になってから認められる人が多い。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • イメージで。とくに昔は芸術家や学者は道楽者って考えが強かっただろうから。ところでレオナルドダビンチはADHDゆえ仕事を放り出していたことが多いと聞いて急に親近感がわいた

  • あと科学者とかもそのケース多いイメージ

  • 自ら宣言してる画家もいるし、きっとそういう世界もあるんだろうなあ、としか。

  • アーティストはそうなるよ。

  • ○死んだら神様よ。 ×死んだらそれまでよ。

  • 時代を先取りしすぎたんだね。

  • そうでもない人もいるけど、天才は生前は貧困や病気やに苦しんでる人が多いですね。

  • 画家は作品が残るけど。特に昔の情報伝達が遅い時代には時間が必要だっただろうと思う

  • 何を以て認められたとするのかはわからないけど、%からしたら多いだろうね。

  • いくら才能があっても、人に見られないと認められることもない。それが死後になってからってわけでもないんだけれど。

×
  • そうでもないような。ラトゥールみたいに死んでかなり忘れられてた人もいるし。

  • それは単に急に有名になったからそう錯覚するだけでは。ベラスケスやゴヤのように宮廷画家として活躍していた方が多い気がする

  • 才能があれば早くからでも認められる。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
なにフェチですか? << prev
next >> 同じガムでもキヨスクで買うのが一番旨い