ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

顔も知らない人だけど、自分の血液が必要... << prev
next >> アホという名の街が世界には実在する。

クリーチャー

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • デスピリアというマイナーゲーに出てくる、グロいけどクンクン鳴いて人懐こいタマがかわいかった。

  • 邪聖剣ネクロマンサー。

  • イメージ的には化物<モンスター<クリーチャーの順に精度が上がっていく感じ。

  • サイレントヒル思い出した

  • 「クリーチャーは5体まで」

  • CLONE AS A FUNNY CREATURE PREACHER

  • 怖いのを思い浮かべた。

  • クリエイトされたもの。

  • 触れられざる者フェイジ

  • ハリーポッターのあれだ

  • 化け物見習いは最高傑作さ

  • ハリー・ポッターに出てくる屋敷しもべ妖精の名前という認識しかなかった

  • 他のカードゲームでモンスターやキャラをクリーチャーと呼んでしまうのはMtG経験者の誰もが通る道

  • でかいのをいくつも墓地に送りこんで、一気に場に出すのは最高に気分がいい

  • creature。「生物」て意味なんだけど、この単語だとバケモンみたいなのしか浮かんでこない。

  • 「キリスト教の神である創造主によって作られた生き物」が語源。無生物は人間の手でも作り出せるが、生物は作れなかったので、そういう呼び方になった。そういう意味では、次第に時代に合わなくなりつつある言葉。

  • 何かの小説の中にこのワードが出てきた

×
  • Parasite Eveを思い出してしまった

回答したユーザ
トラックバックURL:  
顔も知らない人だけど、自分の血液が必要... << prev
next >> アホという名の街が世界には実在する。