ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

「ところが、ぎっちょん」 << prev
next >> いつの間にか電車やバスの灰皿が無くなっ...

強すぎる憧れや羨望は、時に強い憎しみとなる

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 何故私を…連れて行って下さらなかったのですか…夜一様…!

  • 強く憧れていたものに対して失望したとき、憧れが憎しみに変わる

  • 可愛さ余って憎さ百倍

  • それで才能が悔しくて泣くのです。

  • 誰しも自由には憧れるが、真に自由でいる人間を見るのは怖い。怖いからこそ、徹底的に排除しようとする。/イージーライダーより。

  • 少女漫画にありそうな。

  • それにさいなまれて自己嫌悪に陥る

  • わかる気がします。

  • 嫉妬、冷静に考えれば少しでも追いつけるよう頑張らなければいけないと思うが感情的になっている時はただ憎んでいる。

  • これは認めざるを得ない。私の場合「強すぎる」憧憬を抱く事が滅多に無いけど。

  • 「強すぎる憧れや羨望」の時点で自動的に憎しみが含まれている。

  • 「かわいさ余って憎さ百倍」ってやつでしょう。

  • 例えば、強く慕っていた人の裏切りに対する憎しみは、深く想った分だけより強くなるのではないでしょうか。

  • 自分がそうなれぬと知った時の・・・

×
  • そうなっていた人を見た事ある、ケセラセラよね

  • 軽い憧れならば

  • 憧れを強く抱くことがなかったな。なので憎しみが強くなることもない。単に嫌いになり離れるだけ。

  • 憧れはしても、人は人、自分は自分と思ってるからそれはないかな

  • そもそも他人に期待を寄せることをしないので分からない。

  • 妬みから自己嫌悪には陥るけど、憎しみとは違う。枝を伸ばす方向を明るくしてくれてると思ってる。あとは水を絶やさないように努力するだけ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
「ところが、ぎっちょん」 << prev
next >> いつの間にか電車やバスの灰皿が無くなっ...