ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

サイトをいくつか持っている。 << prev
next >> ザ・ディラン II

いじめは、いじめられる側にも多少原因はあると思う

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • だからと言って苛めを許す気には、なれない

  • でもほとんどのものは、いじめる側がいじめる理由・原因を作ったものだと思っています。

  • 自分の場合は少なくともそうだと思ってる

  • 確かに被害者側にも原因がある場合もある。しかし、加害者よりも罪が重いことはありえない。

  • 車にはねられた人だって、そこにいたからはねられたんだよ

  • 苛めは絶対にいけない事だけど、何かしらの原因が存在するからこそある。嘘や悪口ばかりの奴に対し、相応の罰で終わらせられずエスカレートしたり。でも原因がある=苛めていい、という事は絶対にない。

  • 案の定マジレスばっかり!誰に読んで欲しいの?w

  • しかし、誰が悪いかというのは全くの別問題。いじめる側の免罪符として使うのは気が知れん。

  • 原因があるからって、決して虐めていい理由にはならないけどね。逆に言えば、原因の全く無い人間なんて存在しないと思う。虐めなんてする奴は、どんな小さな原因でも虐めるよ(´`)

  • たとえば、運が悪かったとか。

  • イジメを実力で跳ね返したヤツが一番正しい。ババアの言ってることには中身がない。

  • 「友達になった相手全員からいじめられた」、そういう奴のリハビリ相手は重荷だったぜ。自分以外の人間は対人関係でつまづいた事がないとでも思ってそうだった。

  • いじめは反対だけど、背景に被害者側もそれなりに悪い事(根も葉もない噂話を流したり、取り巻きに嘘を沢山吐いていたとかなら別)をしていたら、それは被害者側にも多少の原因があると言わざるを得ないと思う。

  • 場合によっては、それもあり得るかも知れませんね。どっちみち、いじめはよくないですけど。

  • 目をつけられるからには何らかの原因がある。それが解決できる問題であれば、イジメられる側も原因を追求する必要がある

  • 原因はあっても罪はないよ。

  • ただこれは、いじめを正当化する論理には繋がりません。いじめから自己防衛を図る指針にはなりますけど。

  • でも、イジメイクナイ!>(・A・)

  • 原因がある=いじめが起きても仕方ない ではないけどな

  • 以下いじめられっこの意見→

  • 原因はあるだろうけど、それは悪いことではない筈。

  • その人を理解できないから蔑む。 根本だと理解しよう、理解されようとする事が大切なのだと思う。

  • ケースバイケース。明らかにいじめられてる方に非が無い不条理ないじめるやつもいる。

  • あるとは思うが、実際に行動に移すかどうかは別問題。

  • 理由はあると思う。無理やりこじつけて。そうやって人を孤独にさせていくんだよ。

  • いじめられる側に原因があるからいじめられるんでしょ?いじめる側に原因は皆無。ただし、いじめはやめましょう。

  • ある場合もあると思うがいじめは論外

  • いじめる側と違っている部分が少しでもあれば、いじめられる原因になり得るね 

  • 場合にもよるし原因が必ずしも非難されることとは限らないけどね

  • 多少はね、ただし1:9ぐらい。

  • いじめはいじめる側がいじめられる側に原因を見出して成立するものだと思っているので、原因は多少なりともあるだろう、それが悪因なのかは当事者もしくは神のみぞ知るといったところですが。

  • 余りに美しいとかかわいいとか賢いとかかっこいいとか大人受けがいいとか目立つ場合はそれが原因になるからね。それでいじめるのは明らかに僻み、自らの劣等意識を認めてるわけね。

  • だからといっていじめていいわk(ry

  • いじめられる人といじめられない人がいることから、合理的に考えれば

  • 原因はある。けど責任は無い。

  • いじめてられても抵抗しないところに原因があると思う。

  • 余り好きじゃないけど、何の理由も無くいじめられるわけがないと思うよ(-_- )ウンウン

  • たとえば、喋らなかったりなど。うちの学校にこれが原因でいじめられていたやつがいましたよ。 でもいじめってのは頭の悪い者がやるものですよ。

  • だからと言って、それがいじめてもいい「理由」にはならない。

×
  • 原因と非とを区別する上で言っても良い。区別するなら、寧ろ、そうである方が解決策が立つ。虐められる側が自らどうにか出来そうな分、増しである。以上○寄り。★  // だが安易に○とはしない。区別しないから言うのだろう。原因と非との境界を融かし、虐めの合理化の為に原因を擦り付けようとする故意から発するに違いない。 // 余談。★は例えば、「学校が嫌いな理由は(高が)勉強が嫌いだから」「学校は(高が)勉強を教わる為だけの場所」である方が増しである理由にも通底。 H28.5

  • …だとしたらどうしても分からんのだ。我らが中学校での教師いじめの事例。何が理由やら原因やらであったのか、今考えても皆目見当つかなくて。

  • そんな事を言ってるから、いじめる側が余計に増長するんじゃないか(小・中で教師に実際に言われ、イジメがエスカレートした経験有り)!

  • 原因という言い方なら、いじめる側の心の中にしかないと思うな

  • あったとしても、それを変えられなきゃ意味がないと思う。

  • 虐められるのが嫌なのに原因なんかあるわけないじゃん。

  • 負け組とされた人が虐げられるのは自業自得という風潮に問題があるので一個人の問題ではありません。//先に損得勘定で彼の利用価値を否定して人格を否定したのはをかのみなとの方ですから、それで相殺して両成敗です。どちらの味方もしませんが、少なくともをかのみなとは打倒すべき敵であります。//払拭する権利なんてない。なぜならば私に対する行為がそれ以上に苛酷だからです。支持者をあつめ、包囲網を敷き、数の論理でその権利を民主的に剥奪する者にその権利を主張する資格があるか?

  • 被害者学みたいな考え方だね。こういう考えは被害者バッシングに繋がるから好きじゃないなあ。

  • 「落ち度がある(原因がある)のだから(いじめと認識していようがいまいが)いじめてやろう」と思ういじめ側の心理がいじめの発端。それ以上突き詰められるべきが一体どこに。つか「いじめが起こる原因がいじめられる側にあるかどうか」を探る意義が全く感じられない……

  • いじめる、という行為があるから「いじめ」が始まる。原因、という言葉は不適切だと思うな。

  • 原因があるから虐めるつーのも間違い。

  • 「いじめる」行為そのものが馬鹿馬鹿しいことに気づかんのか。

  • いじめられる方に原因があるとか、ばかなの?しぬの?

  • 家が貧乏だからなんていうのから顔がヤダとか逆上がりできないとか些細なところから始まるよね。でも、そういう理由を「原因」とするのはどうなんだろ。

  • いじめる方が100%悪いと言い切らないと良い方向には向かわない

  • (スケープゴート)でググれ

  • 全部いじめられる側の自己責任で片付けられる。遺憾だが。

  • いじめられる人は他の人とは何かが違うことが原因でいじめられることが多いです。「個性」の本当の意味を解っていないからいじめがある。 それは大人が教えなければいけないことなのに、現代の大人も理解できない人が多いように思えます。

  • ニワトリは傷ついた仲間を死ぬまで寄ってたかって突付く習性があるらしい。

  • いじめを正当化する理由にはならない

  • いじめを犯罪であるとすればやったほうが悪い

  • むしゃくしゃしてやってしまうような事ではありません

  • 仲間意識がありすぎるんじゃね?いずれ「狭い世界で生きてたんだ」って両方とも感じるよ。

  • 個性や個人差はあるもの。それを私は原因とは言わない。

  • ○は付けたくない。

  • いじめた側の理由があるだけ。原因なんてない。

  • いじめる人間は家庭や学校で自分の存在を薄く感じるため自分の価値基準による一社会を作りたいんだよ。その基準の中で低かったからといって原因という言葉は使いたくない

  • 原因や理由といった責任転換の議論は無意味。考えるべきは、いじめを辞めさせる方法。そして重要なのは、いじめをする側でも、される側でも、第三者でもできることはある、ということ。

  1 | 2 | 3   next *

回答したユーザ (239人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
サイトをいくつか持っている。 << prev
next >> ザ・ディラン II