ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

細かいものをお箸で掴める << prev
next >> 鉄道用語で、「食パン」とはどういう意味...

保険は博打のようなものだ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 保険エンゲル係数高すぎ。保険会社はこの保険料で町のそこかしこに「○×生命ビル」なるモノを建てまくっている。

  • ようなというより賭博そのもの。MASTERキートンで、太一が講義で保険の歴史に触れる場面があったね。

  • 保険会社は保険料使って博打(運用)してますね。被保険者にしてみればリスク分散の一種だと思うけど。

  • かけ金を支払い、ごく低い確率に遭遇すればお金が支払われる。イカサマは許されないし、支払いを渋る業者もいる。

×
  • そこまで言ってしまうと身も蓋もない。お守りだと思って入った。「○×生命ビル」を作っているのは、テナントを入れ儲ける為。その儲けの幾らかは支払いに使われる。株を持つのも、収益を上げる為。

  • 安心を買う、という表現のほうがしっくりくる

  • 言わんとすることは分からんでもないけど、ヘッジとしてしか認識してないからむしろ対極

  • 博打失敗保険、加入します

  • オレはこれ以上当たりたくない。w

  • 掛けててもマイナスにはならないじゃん

  • いざ大病や大怪我をした時に、手持ちのお金で治療代がまかなえればいいけど、無い場合はどうするの?(2008/11/26)

  • 「のようなもの」ではなく博打的性格を持つ共済システムだ。

  • 博打だとしたら本当に命がけの大博打じゃん。

  • そうかもしれないけど、なんか引っかかる。

  • 保険金をもらうような事態になりたくないからなぁ。

  • 目的が大きく異なる。ただし保険のメカニズムが博打目的に転用され易いことは確か。株も先物取引もディリバティブも、もともとはリスク回避という保険目的で作られたものだった。

  • 生きてる上で決断の一つ一つが博打になるよね、そういう捉え方見てると。

  • “不幸くじ”のことか。定額貯金より利回りのいい商品もある。円高なら外資系でドル建てもいい。

  • それは不謹慎じゃないのか?ただ、イスラム教圏は保険=賭博と認識されるので、「互助・共済」と名乗らないといけないとTVで聞いたことはある。

  • これが博打という感覚ならもう人生の全てが博打だよ。それはそれで間違ってないが。

  • 本来は、人生を博打にしない為のものなんですけどね。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
細かいものをお箸で掴める << prev
next >> 鉄道用語で、「食パン」とはどういう意味...