ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

高級イタリアン食ってドルチェ食ってヴィ... << prev
next >> ケテルビー

情報化社会では頭の中の知識量が多いことより速くググれる方が重要。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 人の脳はHDDやフラッシュメモリのように完全な非揮発性の記憶媒体ではないし、おそらくその容量にも限度がある。そして何より記憶すること自体に多大な手間と時間がかかる。記憶に頼り切るより触り・概要だけを知っておいて信憑性のあるソースから適切に情報を引き出し、議論や主張の骨子を組み上げる能力の方が重要なのではないかと思われます。その概要を知識と呼ぶか否かは人によって意見が割れるところでしょうが

  • 知識量はあるに越したことは無いけど、詳細を知ってればいいのは学生までだよね。社会に出れば「情報があることを知っている」事を知っていれば後は調べればすむことだし。 ただし、情報にも知っていなければならない物と、存在さえ知っていれば適宜調べればいいものと2種類在るけど。

×
  • 「知性派芸能人」がやらされているクイズ番組のように、知っているかどうかだけが評価基準になる場合にはその通りだが、ググって数秒遅れで引き出される知識では日常会話にさえ役立たないし、発想や思考に至ってはほとんど不可能になる。

  • 自分だったら、何の知識も無いが検索環境だけは整っている、という状況で責任ある発言は出来ないなあ

  • どういった情報を得るかにもよる。情報の内容が大事。英語圏の情報は英語が理解できたほうが速いし、より背景がわかる。それに、ネットに対抗しているわけだから新聞や本のほうがネットより情報の密度が濃い。

  • 大体同意だけど、「ググる」では駄目。

  • 知識がないと的確にググれない罠。

  • それではパソコンが壊れたらただの馬鹿です。

  • データ量よりデータの選び方が問題なのだよ!

  • 知識を持たずに、ググれない情報にはどう対応するのだ

  • それしかできないならどっちもいらない。情報化社会で必要なのは、情報の量ではなくて、使い方だ。

  • 欲しい情報を的確に探し取る語彙と、その情報を加工する力

  • まあ一理あるが、もっと重要なことは検索結果を吟味して加工する技術だな。誰が言ったか忘れたが、「情報は基本的に無料であるべき。対価を払うべき対象はそれを加工する機構。」というのはまさにこのこと。

  • 頭の中の知識量を増やす事の方が大事なような気がする

  • 頭の中の知識は、経験や他の情報と合わせて自身で体系化したものが多く、活用の際に俗に言う引き出しとして機能する。ググっただけでは収集でしかない

  • 情報活用能力が大事です。と、文部科学省みたいなことを言ってみる。

  • 大事なのは知識ではなく知恵だと何回書いただろう。

  • 活用能力は知識量それ自体に依存するだろう。専門知識を知らないひとはどう考えても専門家ではない。

  • ググっても出てこないこと意外に多いよ

  • ググった時に検出された情報の「信憑性」まで把握できないと無理。(2008/11/23)

  • ググって書きたいプログラムが全部出てくるわけでもなし

  • ググって情報が間違っているか正しいかも見極めず知識量を増やしている、そんな私は×を選ぼう

  • 得られた知識をどう生かすかが要求される

  • 結果出てきた情報ってどこまで信じていいのやら

  • 頭の中で整理できなきゃおじゃん。

  • 前提となる知識が頭の中にないと、それを組み合わせて新しい知を生み出すことができない。情報を左から右に流すだけのケーブルにでもなりたいなら話は別だけど。

  • 別に速くググる必要はない。

  • ネットの情報は辞書、教科書、新聞などの情報にくらべて信用性が低いのが実情。ニュース記事とかも早いだけで全然整理されてなかったりするし。ただ前者が全て正しいという訳ではないけどね。

  • 頭は大事だよ。ネット社会になっても頭の悪い人はあいかわらずデマに流されるだけ。

  • 頭の中の知識とかググッた情報とかをどうやって生かすかが一番重要なのだと思うが

回答したユーザ
トラックバックURL:  
高級イタリアン食ってドルチェ食ってヴィ... << prev
next >> ケテルビー