ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

性病 << prev
next >> 公明党

村上春樹

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • スプートニクの恋人

  • 今の文学界は、村上春樹がほとんど一人で書いていて、それを大勢の評論家が寄ってたかって叩いている。

  • やれやれ。またもやノーベル文学賞を逃してしまった。けれど僕にとってそんなことはどうでもよかった。カフカ賞の受賞式に出席したことを、ノーベル賞受賞のための足がかりだとかマスコミたちが壊れたスピーカーみたいに喚いているけれど、僕にはまったく関係がない。僕はただソファに座って、熱いコーヒーを飲み、サンドウィッチを食べる。そして埃のかぶったレコードプレイヤーから流れるチック・コリアの気だるいジャズを聴く。それだけで僕はかまわないし、十分なのだ。次のノーベル賞だってボブ・ディランにくれてやるつもりさ。やれやれ。

  • 心で感じていることを上手く言葉にしてくれる人

  • 「ねじまき鳥クロニクル」を読んでますます引いた。/読んでるうちに慣れた。

  • 私が好きになる人は村上春樹好きが多い。そして自身も結構好き。

  • 「風の歌を聞け」「羊をめぐる冒険」「ノルウェイの森」「ダンス・ダンス・ダンス」が好きかな

  • 一時期ハマってました。1Q84は未読。

  • ノルウェイの森のような恋愛三昧の大学生活送ってやる!と夢に見ていた高校時代。

  • 今度「やれやれ」なんて言ったら胃袋の草燃やすわよ。

  • ノルウェイの森はすごく好き。海辺のカフカは、あんまり…(ファンタジー苦手なので…)

  • ねじまき鳥とカフカは読んだ。

  • ギャツビー、ティファニー、ライ麦などの翻訳は大好きなのですが、原作の方はいつも途中でダレてしまう。最後まで読み切った事がない。

  • 1Q84以外は一通り読んだし、Time誌のインタビューも読ませてもらいました。

  • ノルウェイの森だけは読んだ

  • 世界の終りと…が一番好き。

  • ”沈黙”は本当に名作

  • きらいじゃないです

  • 社会適応力に欠けた、マイペースな男と彼を助ける、一つだけ特筆すべき魅力を持ってるが地味な女の子の物語

  • 風の歌.ピンボール.カフカ.ノルウェイ.ねじまき鳥くらいは読んだ気が…

  • 好きだ。愛してると言ってもよい。ピース。

  • 翻訳を読みました。

×
  • まったく読んでない。気にはなるけど。

  • うーん....読んだことあるけど、そんなに面白い?

  • 本人に出会ったら呼吸するのやめたら?と言いかねない人物。

  • 読もうよもうと思ってたけど読めてない

  • 自分には面白さがわからない。「ライ麦畑でつかまえて」の翻訳は読みやすかったけど。

  • ヤクルトの助っ人のヒットで、小説家に

  • 好き嫌いの評価が別れるものを好きになることは多いが、これだけはあてはまらない。(ばってん(×)つけてスッキリ。)

  • 好きではない。村上春樹を愛読していることをステータスみたいに語る風潮も嫌いだし。

  • 読んだことはあるけどなんか好きじゃない。なんか。

  • 読んだけどなんかね

  • 村上春樹が大好きなワタシってオサレー的な

  • この人の書く文章はあまり得意ではないのです。

  • 読んだことないです

  • 嫌いじゃないけど好きでもない。おもしろいけど文章の書き方が合わない。

  • 分かりません。多分若干小太りの黄色が好きな男性

  • 良さが全く解りません

  • 『キャッチャー・イン・ザ・ライ』も途中で投げ出した

  • 友達が好きだったけど…。

  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6   next *

回答したユーザ (706人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
性病 << prev
next >> 公明党