ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

Gacktはもう古い! これからはFucked(ファ... << prev
next >> スティッチ=○・・・リロ ×・・・ユウナ

パレスチナ問題、悪いのは ○イスラエル ×パレスチナ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • イスラエルにとっては失われた祖国を取り戻す大義があるが、現住のパレスチナ人にとっては押し込み強盗が居座っているようなもの。×は付けられない。

  • こっちが弱い者いじめしてる感があるな。

  • イスラエルはテロ国家と同じだと思う

  • 自分達がされた酷いことを棚に上げてる

  • イスラエルのやり方には相当問題があると思う。

  • 言いたい事は既にあるから繰り返さないけど、欧州の帝国主義および反ユダヤ主義の「ツケ」がこういう形で現われてるんだろうな、て気はする

  • 歴史宗教云々はほっといても、周辺国からすれば強盗にしか見えないだろうなあ。

  • 1800年位も昔のシオニズムと言う宗教概念で土地や家屋を奪われたパレスチナ人が気の毒です。 私はユダヤ王国と言う弱小な国は(失礼ですが)ローマ帝国に統治されても不思議ではないと思うのです。又、ここへ戻ろうとする運動=シオニズムの在り方が分かりません。だから離散したままで居ろとは思いませんが。 米国の利権はユダヤロビーらしいです。

  • せっかくアラファトがいい仕事したのに、アラファトが死んだ後のイスラエル政府の対応ときたら・・・やれやれだぜ、という感じ。

  • 少なくともパレスチナ人の咎は皆無だろう。ユダヤ教に根拠を求めるのなら預言者に導かれもせずに約束の地に帰ることなど許されないはず。そして列強の責任を第一とする見方にも反対。発端は英国でも共存の道を閉ざしたのは彼ら自身(バルフォア宣言はユダヤ人国家建設の白紙委任状ではない)。さらに現状はむしろイスラエルによる逆代理戦争に米国が巻き込まれていると見た方が妥当だ。だいたいどう考えてもイスラエルが無くて大量の石油持ってるアラブ人と仲良くする方が米国の利益に適う。

  • ユダヤ教というもののあり方とその歴史の問題。であるから、善悪を軸に論じることは不毛。しかし、イスラエル政府のやり方は国際的なルールから見て問題視されて然るべき。/ユダヤ人が人種ではなく信仰で区分される集団だという事、そして歴史的にも他の集団との同化を強く避けてきた事、こうした点に問題の核心がある。IRAの問題なんか以上に和平の維持が難しい。そういった背景は無視できない。イギリスに関してはユダヤ人側とは独立支持の見返りに資金援助を引き出した訳で確かに責任はあるね。原因に関してなら。

×
  • あるのは相対的な「悪い」しかない。イスラエルにとってはパレスチナが悪く、パレスチナにとってはイスラエルが悪い

  • パレスチナ人はイスラエルの保護下で生き残りを図るのが正しい道。イスラエルはテロリストを掃討しているに過ぎない

回答したユーザ
トラックバックURL:  
Gacktはもう古い! これからはFucked(ファ... << prev
next >> スティッチ=○・・・リロ ×・・・ユウナ