ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

神童と呼ばれたことがある。 << prev
next >> I'm sorry

人を疑うのは、自分の身を守る為である。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 基本姿勢としてはそうなんだろうけど「守る為」という結論を出す土台にそもそも乗れているのか疑問は残る。信じるリスクに対して疑うコストは実感しにくい。それはコスト自体の性質ではなくコストを支払う事への慣れに起因する。そして疑う事の代償は疑っているが故に知覚出来ない。「疑いに傷付いた相手が離れていく→”予想通りの”裏切りと解釈」的な一人相撲はその最たる例だ。②子供の迷子を警戒して付き纏う親や生徒の理解力をアテにしない教師のように相手を守る為の疑いはどこにでもある。懐疑心と猜疑心は違う。

  • 振り込め詐欺に対して、なかなか疑えない優しいお年寄りが気の毒

  • 人を見たらなんちゃらとよく言うじゃないですか。

  • 泥棒と思えっていう言葉まで存在するからね…

  • 傷つきたくないからね

  • 高齢者によくある傾向。

  • そうなんだろうなあ。

  • あなたもいつかいなくなるでしょって醒めた部分があるのは防御反応かもしれません

  • だってもう裏切られて泣くのは嫌だ

  • よく騙されるとか、自分自身を信頼できないようなひとで、傍に相談できる相手もいないなら、誰でもまず疑ってかかるってのもアリかな。うちの親みたいにセールスはとにかく拒絶とかね。仲良くなる必要がないなら露骨でもいいと思う

  • 自分の事で精一杯

  • 上手い話を持ちかける人はまず疑ってからってのはあるね。

  • そういうところもあるかも

  • そして信じるのは心を守る行為だ

  • それが全てではないと思うけど、そういう面もあることは、否定できない。

×
  • このテーマは難しい でも私は人間の善意を信じたいと思いたいから こちら側

  • ちょっと考えてみたけどやっぱりわからなかった

  • 人がしうる行為の全てを信用している。なので、疑うのとは少し違うリスクの回避法。

  • ほんとうに身を守りたければ、まったく疑わないか、自分を含めたすべてを疑うか。その2択じゃないかな

  • 必要なのは他人を疑うことでは無く、リスクを正しく評価することだ。他人を信じる場合も、疑う場合も、それぞれ違うリスクがある。

  • 少なくとも自分に関しては、器が小さく浅ましい人間だからです

  • 信用してないから…大枠では自分を守るためなのかしら??

  • 必ずしも、そうとは思わないけど・・・・。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
神童と呼ばれたことがある。 << prev
next >> I'm sorry