ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

「速さ」と「速度」の違いを説明できる << prev
next >> 『三上』にトイレがあるのは、なるほどだ...

もし自衛官が敵兵を殺害したら殺人罪に問われるのだろうか?

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
×
  • 殺人罪ではないけれど、まともな人なら、本人は一生苦しむだろうね。つらいよね。

  • 「敵」である以上、国家間の問題になるからね。

  • 少なくとも個の「殺人罪」はありえない。

  • それじゃ自衛隊の存在意義がない。

  • 器物損壊なら有り得る…?

  • んなわけない。

  • 自衛隊法88条と自衛隊法92条と警察官職務執行法を読め

  • 敵兵が襲ってきたなら大丈夫だと思う。

  • 「敵兵」と表記される対象が侵略行為をしてきた他国の兵隊であれば、正当業務と見なされる。中東派兵に関してなら、警察官と同程度に正当防衛と見なされるかどうかが問われる思う。仮に一方的に相手を発砲して射殺した場合、自衛隊法違反は確実で、国は国民から責任を問われることになる。殺害した個人に関しては法的にも整備されてないので殺人罪には問われないと思われる。

  • 誤って一般市民を殺傷した場合は何らかの処分はあると思うが。

  • 正当防衛と見なせないか?多少無理があるかもしれんが。

  • raurublockさんと同じ意見。交戦中の場合は別に罪にはならない。その他の場合は、取り締まる法律自体が整備されていないので、実際起こったら国際問題になりかねない。

  • 交戦中なら罪を問われないとするのが妥当だが、日本にはその辺を規定する法律が無いので(軍事法廷制度も無い)、後々禍根となるやも

回答したユーザ
トラックバックURL:  
「速さ」と「速度」の違いを説明できる << prev
next >> 『三上』にトイレがあるのは、なるほどだ...