ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

キーボードに射精 << prev
next >> ポイントカードは法律で禁止すべき

長いタイトルの小説

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • まあ...いいんしじゃない?

  • ハーレム系のに多い気がする

  • 「モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語」はどうかなあ。長い副題。

  • 世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド

  • いいと思うよ。あんまり読まないけど

  • それからはスープのことばかり考えて暮らした

  • ああ華族様だよと私は嘘を吐くのであった

  • 世界の終りと…、って既に挙げられてるますね。結構好きです。

  • 石黒達昌のあの、横組みのレポート形式の「平成3年5月2日、後天性免疫不全症候群にて急逝された明寺伸彦博士、並びに……」

  • アンドロイドは電気羊の夢をみるか

  • うちにあるやつで最長っぽいのは、キングの短編で「例のあの感覚、フランス語でしか言えないあの感覚」

  • イワンのばか、略さないとかなり長いらしい

  • 号泣する準備はできていた。 /いや別に内容が面白ければ特に気にしない。

  • 節度と存在事由があれば、きらいじゃない、っていうかむしろインパクト強い。ベタだけど『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』が浮かんだよ。読んでないけど

×
  • 最近のラノベとかさ、略してくれること前提でタイトルつけてるよね。

  • 今のラノベってやたら長ったらしいタイトルつけるのと妙ちきりんな略称つけるのセットでしょ

  • 「最後の瞬間のすごく大きな変化」‥本棚にあった本。そんなに長くないな。

  • 江國香織のは長めのが多いかな。

  • 読む気がしねえ。

  • 『雨の夜にカサもささずにトレンチコートのえりを立ててバラの花を抱えて青春の影を歌いながら「悪かった。やっぱり俺・・・。」って言ってむかえに来てほしい。』は残念ながら小説ではない。http://kotonoha.cc/no/85509 //ついでに横尾忠則の『悩みも迷いも若者の特技だと思えば気にすることないですよ。皆そうして大人になっていくわけだから。ぼくなんかも悩みと迷いの天才だったですよ。悩みも迷いもないところには進歩もないと思って好きな仕事なら何でもいい。見つけてやって下さい。』これもエッセイ

  • 「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」

  • 以外とないものですねー…。小説じゃなければ、かなり長いタイトルのものって結構あるんですけどね。「誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」とか。

  • 「ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを」ぐらい

  • ( ̄▽ ̄;) アハハ、あんまり小説読まないから・・・・。

  • ぱっと浮かんだ「好き好き大好き超愛してる」もそんなに長くなかった罠

  • コントの題名ならあるけど・・・

  • 「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」くらいしか浮かびません。

  • 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」とか?

  • 海外では「ロビンソー・クルーソー」の原題が長いらしいんですが。今思い付いたのは大原まり子さんの「銀河ネットワークで歌を歌ったクジラ」くらい。もっと無茶苦茶なのがありそうな。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
キーボードに射精 << prev
next >> ポイントカードは法律で禁止すべき