ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

携帯のボタンを指で押すのに抵抗がある << prev
next >> ハンドミキサーを使った事がある

語彙が多いこととメッセージの有る無しは別ものだと思う

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • まあそうか。でも伝えたい事を伝えるために語彙を増やすことは、いいんじゃないかな。

  • 一緒だと考える理由が思い当たらない

  • 何の因果関係も無い

  • でも語彙があれば勝手にメッセージとして汲みとってくれる場合もあるのではないかと

  • その2つは全く関係ないと思う

  • なにか一貫しているものが一つでもあればそれでいいのかも

  • 綺麗な御託を無意味に並べたとしても、相手に真意が伝わらなければ、全く意味が無い。かえってシンプルなメッセージの方が、相手に理解されやすいことがあるから。

  • どんなに色んな言葉を並べても、伝えたい事がはっきりしないと意味がない。

  • 伝えたいものがないのに、無闇に絵だけは上手い素人漫画家みたいなものですか。

  • その言葉が相手に正しく伝わるかどうかは別問題

  • そりゃそうです。

  • ただし後者に前者が多少依存するとは思う。

  • 最低限の語彙が必要であることは言うまでもない。何をもって最低限というかは状況による。

  • 「メッセージを伝えるのに適切な語彙を選択できるか」もまた別

  • 高校の現代文の問題を解きながらいつも自分自身のメッセージのなさを悩んでたのを思い出す。結局今でも借り物のツギハギ

×
  • あまり単純すぎても、対象がぼやけてしまうし、かといって複雑すぎても読む気が起こらない。理想は志賀直哉の文体。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
携帯のボタンを指で押すのに抵抗がある << prev
next >> ハンドミキサーを使った事がある