ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

振動 << prev
next >> 自分の教育方針は○英才教育で育ててほしか...

自分の子どもの教育方針は○英才教育 ×放任主義

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 私を例にすれば放任主義はあまり子供の為にならない

  • 学ぶことに意欲を持った子になってほしい。放任よりはこっち寄りかも。でも自主性は殺したくないしなあ…うーむ

  • どっちも偏り過ぎはよくないと私は思う

  • 親の立場と子どもの立場の価値観の相違・・・?

×
  • どっちとも断定し難い。厳しくするところと緩めるとこを使い分けるしかないかな、と思う。

  • 本人が望めば英才教育へ…ただし、子どもをつくる気はないんですが

  • なんでこういう二択になるのかがわからない

  • 追い詰めたくない。

  • やっぱり変なコトだなぁ。

  • どちらでもないし、放任主義がいまいちよくわからない。

  • どちらでもない。世の中で大事なことを教えていきたい。

  • 放任はしないが、早期英才教育の弊害もちらほら見えてきてるからなー。壁に向かってぶつぶつ呟く子にはしたくないのよ。

  • 人前での礼儀作法さえ出来てれば、学力などでとやかく言う必要は無い。学力は、自分で学び取って来る事なので、それは本人のやる気に任せる。

  • 小学生の間に、最低限の読み書きと加減乗除を覚えさせるくらいか。あとはマナーだね。

  • 基本放任だけどきっと音楽やることになると思うよ。

  • 完全に放任することはありえないけどスチュワート・ミルの受けた教育の話なんかを聞くと○は怖くて

回答したユーザ
トラックバックURL:  
振動 << prev
next >> 自分の教育方針は○英才教育で育ててほしか...