ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

自動車 << prev
next >> 「ながとゆき」 ○:長門行き ×:長門有希

学問に優劣はない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • うん、相手を叩くために優劣をつけるのは余計にたちが悪い。

  • 学問は競争するものではないし、ましてや優劣の目的が「生の値ぶみ」という歪んだ目的でならなおさら優劣を決めるべきじゃない。それに学問は競争のための単なる競技種目ではないです。

  • 学習にはある。

  • ただし、それが本当に学問かと言いたくなるものもなくはない。

  • 何にしても、学問は人生を豊かにする

  • 基本は役に立つかもしれないが、あるレベルを越えると等しく役に立たなくなるのが学問です。

  • 就職に有利・不利はあるが、実学にも虚学にもそれぞれの良さがある。

×
  • 試験をすれば必ず順位が発生する。一定のルールの下での公正なスポーツである。且つ、高がスポーツであらねばならない。 // (学業や勉学と学問の違いは恣意的で無為なので云々しない。)

  • 優劣はある。医学は科学の中で頂点に位置する学問。そして、底辺に位置するのが人文科学

  • 評価基準をどこに置くかで。

  • 優劣なんてものは評価基準次第であり、何通りでも評価基準を用意できる。目的に応じた評価基準を選んで評価すればよい。優劣がつけられないのは、「何のために評価するのか」という目的が見えていないためだ

回答したユーザ
トラックバックURL:  
自動車 << prev
next >> 「ながとゆき」 ○:長門行き ×:長門有希