ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

Google製作のブラウザにワクワクしている << prev
next >> ケータイのバッテリーカバーの中には…

地球市民

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • ヨーロッパも日本も昔は封建領主に分かれて争っていたが、国民国家として統合された。同じように、現状は国毎に分かれて争っているが、それが世界国家として統合される、という考え方も一見自然に見える。では何故現実はそうなっていないのか。問題はナショナリズムでは無い。世界国家には「共通の外敵」が存在しない、という点こそが本質だ。もしそのような共通の外敵が現れれば、世界国家という考え方も現実味を帯びてくるだろう。

×
  • 「世界統一政府」とどう違うというのだ?

  • 地球政府と主権国家を矛盾無く並立させられる枠組みを創ればいい。こんなの日本国内に都道府県と市町村があるのと大して変わらん。国家幻想を延命させても主権の範囲を縮小することは出来る。

  • 共通の敵が居ても結局内ゲバで崩壊したイベリア半島のケースがまんまを当てはまるとは言えないが、結局は敵が居ても内輪で争うんだよ。

  • コスモポリタニズムみたいなやつかな。まぁ実行はむずかしいだろうなぁ。

  • 前の市町村合併のときにどこでもいいから「地球市」って市をつくったら面白かったのにと思った。けど、僕が思い付くくらいだから既に世界ではありそう。

  • TAD *

    左翼の負の資産。ナショナリズム無しのインターナショナルなんてありえないのに。普通に考えても隣の人は誰か知りたいのに、自分のことも語れない人ってねぇ。www

回答したユーザ
トラックバックURL:  
Google製作のブラウザにワクワクしている << prev
next >> ケータイのバッテリーカバーの中には…