ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

黄泉「さーはじまるざますよ」新弥「いく... << prev
next >> 秋で一句

司馬遼太郎といえば“燃えよ剣”だ。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 司馬遼太郎全集の6巻だけが本棚にあります。

  • 彼の著作では初めて読んだので。

  • 最初に読んだのがこれ。

  • 今の所これしか読んだことがないので、こっち。

  • 司馬先生の小説はいろいろ読んだけど、これがいちばん面白かった!

×
  • 読んでいないけど「菜の花の沖」「龍馬が行く」じゃないかな。他に「街道を行く」も代表作。

  • 源義経しか読んだことないからなぁ

  • 他にも良いのが沢山ある

  • これは読んでない。面白いと思ったのは色々有って一番は決められない

  • 私の父は読みますが、私は読んだことがありません

  • 表の代表作が「竜馬がゆく」 裏の代表作が「峠」 隠れた代表作が「俄」 だと思う。この三つは抜群に面白い。

  • 「燃えよ剣」と「竜馬がゆく」は同時期に書かれていて、司馬遼太郎自身、同時期に真逆な立場と信念を持った男をテーマにしたと言っている。それで改めてほぼ同時に読んでみたのだが、竜馬の方が内容、文章としても面白い。おそらく司馬本人が竜馬の方により肩入れしているせいでもあると思う。

  • 竜馬は少し読みました。他のも読んでみます

  • 坂の上の雲、かな

  • 坂の上の雲。小説ではないが「この国のかたち」も好き。

  • 異端なのは知りつつも項羽と劉邦

  • 竜馬がゆく!読んだことないけど

  • 坂の上の雲が好き//読まずに語るさすが大正義は違うなあ

  • 剣客商売か、功名が辻か…決められないけど、個人的に『燃えよ剣』ではないなぁ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
黄泉「さーはじまるざますよ」新弥「いく... << prev
next >> 秋で一句