ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

世論操作 << prev
next >> ○癒されたい ×「いやん」されたい

肉親を「愛せない」のは不幸な事だが、「愛さない」のは罪深い。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 能動的に。アーメン。

  • 難しいこと言えばきりがないしこうざっくり言う弊害を考えるけど、まぁそう

  • 愛せない肉親と愛さない自分についてよく考えてみましょう/プロゴルファー中島常幸の対談でちょっと気になったコメント。「愛せない」ってのはそんな状況を肉親自身が作り出したという事。

×
  • 親としての責任を果たしていない親は、世の中に数多く居ると思う。そういう親に子供がいい感情が抱けないのは正常な事

  • 状況次第では「愛そうとしない」も「愛せない」になる。線引きが難しい・・というか不可能かも。

  • 愛していない肉親の非を数え上げれば「私は罪人ではなく、不幸な人間なんです」となるのがどうも

  • 愛情なんてなくても平気です

  • 「愛さない」じゃなく「愛せない」の方では?

  • 愛せない要因があれば愛すことはできない

  • おそらく「肉親だから愛するのが当たり前」という予断が最終的に棄却される。

  • 家族とは狂気の別名であり、その機能不全を愁う必要は無い。

  • 答えはノー。人を何の理由もなく嫌う人はいなし、たとえ本人にすら分からなくても理由は必ずあるので、愛せないのと愛さないのは同じ。

  • んなこたぁない

  • 各家庭にはその家族にしかわからない事情があるんだと思う。そもそも家族愛というもの自体、はじめから無条件に誰にでも備わってるわけではないような気がする。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
世論操作 << prev
next >> ○癒されたい ×「いやん」されたい