ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

【PULL】 押してしまう << prev
next >> 京阪電鉄の車両の新しいカラーデザインは[...

「僕、ノコギリでわざと木を切ったんだよ!」と自慢げな子供を褒める大人

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • この木はのろいの木と言って、道路工事に邪魔なので、さまざまな人が300年の間、この木を切るのに挑戦したんだが、切ろうとした途端に頭痛や吐き気、勃起障害、その他の症状がして倒れ翌朝には死んでしまうという恐ろしい木なのじゃ。それなのに切ってしまうことができたとは大したものだと褒めてつかわす。

×
  • アレ、ジョージはそんな様子だった、とどこに書いてあったかな。見当たらないんだが……

  • わざとなのはわかる。手にノコギリ持ってたら過失で木が切れちゃうなんて考えにくい。何故わざとなのかも説明すべき

  • 悪いことをして正直に告白。そんな当たり前のことで褒められるのって理不尽。その話は作り話らしいけどね。

  • 当然悪いことをしたら叱る。

  • ??どういうことだ?

  • 自首による減刑、司法取引など今に至る制度を合理的に納得させる為の童話。

  • 桜の木は無かったと立証されたらしいっすね。

  • このソース不明な逸話の初出では鋸でなく斧になってる。「父親はなぜ許したのか」「彼がまだ斧を手に持っていたから」というジョークもある。

  • 「行為の正当化」を正当化する国なのでは

  • まぁ、作り話にツッコミ入れんのもナンですが。そもそもその正直さを褒めるだけで良しとしていい場面なんスかねぇ。うじゃうじゃ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
【PULL】 押してしまう << prev
next >> 京阪電鉄の車両の新しいカラーデザインは[...