ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

猫の肉を使った料理を食べる事が出来る << prev
next >> FINAL FANTASY IX

北海道ではゴキブリがいないらしい

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 函館や札幌のススキノ辺りにはいるらしいですが。

  • いや実際、札幌などの都市部の中心に移入されてきたのがたまにいるくらい…北海道には虫がほとんどいないっていうのはマジだった…

  • すすきのには少しいるらしいけどね

  • 見たことが無いため普段意識していないのでいないとは断言できないけど、ゴキブリネタは北海道民を炙り出せそう。関西でこれかな?と思う虫は見たけどわからない。

  • 寒いと雀が家に入ってくるってほんと?

  • 道北ではいないが、函館では…? らしいが知らん。北海道→富山→新潟→大阪→北海道と住んできたけど、未だに一度もゴキブリと直接遭遇・対面したことがない俺はたぶんラッキーなんだろうなー。てか幼少の頃から嫌悪感あるからゴキブリが嫌、ってのじゃないの? ゴキブリに対する気持ちがわからんのよね。

  • 確かに見たこと無いけどどうかなー

  • そーなのかー。いいなぁ。

  • うちにはいないみたい

  • 東北に住んでるけど見たことない

  • 本州に近い函館付近以外ではまずいないらしいね

  • 引っ越してきて初めて見ました。

  • 珍しくてペットにしてる人もいるみたいだけど

  • 長野に来るまで見たことがなかった。(長野でも2回しか見たことないがな…)

  • 何、そいつは最高じゃないか。いいねー

  • 少なくとも見たことなかった。ススキノとか道南にはいるらしいってきいたけど。

  • 友達から聞いた事がある

  • 今のところ遭遇したことはない。by道民

  • 住んでた頃はいなかった

  • それは移住したい!!!

  • それはうらやましい。でもあたし…ゴキブリなんかに負けません!だって負けず嫌いだから

  • 私の宅にもいません。したがって、見たことがないの。うふふ

  • 道産子の友人は東京で初めて見たっていってました。

  • だって見たこと無いっすよ(道民)

  • そういう噂は知ってる

  • いるところには、いるみたいだけどね。あたしはまだ1度も見たことがない。

  • だれかげじげじのいない世界につれてって

×
  • 北海道だけじゃない。ほぼ居ない都道府県なんか普通にまだまだある。

  • どこにでもいるんじゃないの

  • あれっ、出るって聞いたよ。

  • 最近は出ると聞きました。

  • 私が行った時にも「いる」という話だったよ。転勤者が荷物と一緒に連れてきた所から広まったらしい。北海道は暖房がしっかりしているから、越冬できるんだとか。

  • 札幌街中のつ○八にいた…けどそれっきり

  • 札幌の三越のトイレに5mmくらいのがいた。そこでしか見たことはないが。

  • 見たことはないけど、居るらしい。

  • んなこたぁない。すすきの行っといで…

  • いつかは必ず見る羽目になるさ・・・!!

  • いるっぽいよ茶色いやつが。本州から持ち込まれたり(引越しの家具に卵がくっついて)とかあるらしい

  • 最近までいないと思ってたけど、白いのが出るらしいよ

  • 飲食店や古い家なら多少はいます。幸いうちには出ない

  • 大量に小さなゴキが・・・お気に入りのグラスを驚いた時に落として割っちまったorz

  • 飲食店ではよく見かけるよ

  • ゴキブリは最強

  • もういいよ、アラスカ行ってくる

  • そんな事は無い。チャバネGに出くわしたぞ。

  • 小さいやつは居るっていう話を聞いた。

  • 北海道のディスカウントショップでゴキブリホイホイ売ってましたけど?

  • 道民の方に聞けば一発なネタである。

  • これは真っ赤な嘘。ちょっと都会な街なら普通に居るよ。

  • 内陸地にも輸入されてました。が基本的にいないと石狩や空知の現地人たちが。

  1 | 2   next

回答したユーザ (213人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
猫の肉を使った料理を食べる事が出来る << prev
next >> FINAL FANTASY IX