ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

肉の万世 << prev
next >> 今使っている歯みがき粉は、辛い

戦争は外交手段である

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 戦争は政治の一環

  • 外交のための戦争ならそうなんじゃないですか。

  • 愚行には違いないが、なんでも暴力で解決したがる人っているよね。

  • 目的は形骸化しつつあるよ。NHKのロボット兵器特集見てそう思った

  • 広義で外交だと思う。少なくとも隣人を愛せば無くなるみたいなものじゃないと思うんだなあ

  • そうとも言えますが…

  • 財や才美を持たぬ者は、武をほのめかして要求を通す。/昔の上司によると、喫煙は、“カード”であり、奥さんとの交渉時に止めるフリをするらしい。

  • あくまで手段。戦争自体が目的の国が海の向こうにいるけど。

  • 現代に於いては下策中の下策だとは思うが

  • 外交の最終手段として、それはあっても仕方ないこと。属国、って一発変換できるくらいなのだから。

  • 「助さん格さん、こらしめてやりなさい!!」と同じ

×
  • 太平洋戦争はそうではなかったようだ。当時の軍部の発想はバカ全開だ。国民をアホな意地や国内の組織闘争に巻き込むなボケが。安倍の安保法案に反対する理由もここにある。安倍は「軍は国民の生命財産を守るためにある。」とは一言も言っていない。

  • 本気で思ってるならコメント消すな。まあ、例によって聞きかじった言葉を羅列してるだけだろうが

  • それはWW1勃発までの話だ。その世界観は1914年に崩壊した。日本がWW2無条件降伏にまで至った最大の理由はそのことへの無理解だ。挙句今に至ってすらそれが解らないとはな。

  • クラウゼヴィッツの頃とはずいぶん変わりました。軍事力にはまず抑止力であることが求められます。

  • 伝統的な理解としては○であることを意識した上でのコントロールが必要

  • 戦争は火事のようなもので、軍人とは消防士のようなものである。戦争を外交手段だと言うのは放火魔の弁と同じ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
肉の万世 << prev
next >> 今使っている歯みがき粉は、辛い