ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ピナレロのONDAフォーク << prev
next >> 攻性防壁

ロシア文学

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • チェーホフ、ドストエフスキー、トルストイ

  • 最初はとっつきにくいが中毒性がある

  • ドストエフスキーは数作読みました。あとトルストイの長いヤツを。

  • 帝政〜ソ連に移り変わるあたりの時代の作品に関心がある。難解な作品が多いけど、歴史と照らし合わせつつ読んでくと結構おもろいもんですよ。

  • 光文社のは読んでませんけれど。私は岩波派です。

  • ナボコフの研究をしている院生の友達をマユコフと呼んでいる

  • 『悪霊』は好きだ。あとSF。やはりストルガツキー兄弟だな。『波が風を消す』はむっちゃ気に入った。

  • 第二外国語はロシア語だったので

  • 大御所をスルーしてザミャーチンなんかが好きだったりする。今ならペレーヴィン

  • 地下室アントンでチェーホフ読もうぜ

  • ドストエフスキーには一時期ハマって、研究書もいくつか読んだ。あとトルストイをいくつか。ツルゲーネフは「初恋」だけ読んだ

  • 最初に読んだのはツルゲーネフの「母うずら」を国語の授業で、だった気がする

  • 「カラマゾーフの兄弟」が一時、売れて吃驚したよね。今、「蟹工船」で関係ないか・・・。亀山郁夫氏の訳かしら。 私は江川卓氏の「彼奴等は・・」とかが出てくるのを昔、読みましたね。 トルストイとショーロホフとチェーホフも好き。

  • 私の周り(?)でも光文社の古典新訳流行ったわぁ。

  • 最近いろいろ読み始めた。光文社のが読みやすい。

×
  • 未読。興味あり

  • すまん、読みたいがむずそう。

  • ドストエフスキーしか読んだことないけど、もういい

  • 真っ先にナボコフのアレを思いついた自分に対して×を

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ピナレロのONDAフォーク << prev
next >> 攻性防壁