ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

むしろゆとりたい。(いやホントに) << prev
next >> 左翼は北朝鮮のような国を理想の国としている

Les sucettes(アニーとボンボン)

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 表面的にはキャンディーが好きな娘を歌っているが、実際はかなり際どい内容。 動画サイトで当時のPVを見たが、フランス・ギャルがショックを受けたのが分かる。

  • PVが凄すぎるw

  • 「この男(=セルジュ・ゲンスブール)は自分に大きな収入をもたらしたフランス・ギャルに対してオーラル・セックスの直喩のような「アニーとボンボン」という歌を歌わせるなど、下劣なことばかりしていたが、やはり大きなしっぺ返しを喰らったのだ。」(小西康陽『ぼくは散歩と雑学が好きだった。』より)//PV観たけど、あまりの露骨さに吹き出したわ。

  • この曲ってそういう意味だったのか。変態だな、ゲンズブールって

  • 初めて聴いたときはまだそれが何の比喩か分からなかった。これを歌った頃のフランス・ギャルと同じく満タンのオイルにつけるライターを持ってなかった年頃でした。//PV初めて観たけどこれもひどかった!

  • フランスギャルかぁ。

  • ゲンズブールおじさんの意地悪

  • アニーはアニスの棒付きの飴が好きで、麦芽糖の香料が喉を通る時、彼女はパラダイス、という歌。

×
  • あの曲の意味がわかったときにフランス・ギャルはかなり落ち込んだらしいね

回答したユーザ
トラックバックURL:  
むしろゆとりたい。(いやホントに) << prev
next >> 左翼は北朝鮮のような国を理想の国としている