ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

加速度が好き << prev
next >> 紙

駄菓子屋のおばあちゃん。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • アイスキャンデーや厚紙の胴体に主翼と尾翼を差し込む構造の紙飛行機を買っていた。昔は下駄屋だったそうだが子供達は訳もわからずゲタヤと呼んでいた。奥では脳卒中で倒れたおじいさんが寝ていた。

  • はやしやのおばあちゃん、箒を持って立ったまま亡くなっていたという伝説があった。

  • 五円があるよって1個10円だと思ったらもう一個くれたのでホントに5円だった、というのを思い出した

  • 小学生の頃に贔屓してた駄菓子屋のオバちゃんの顔をハッキリ覚えてるよ。

  • これください

  • 2軒はしごしてたけど、どっちもおばあちゃんだった。

  • ウメばあ元気…というかまだ生きてるかな

  • 登校中、会う度に「いってらっしゃい」って言ってくれる。ありがとう。

  • 昭和だよ。もういないよ。

  • 「ばあちゃん、お釣り多いよ・・・。」それが言えなかった。思えばあれが初めて自覚した悪事であったか。

  • 床に落としたお菓子を拾うときだけ素早かったなぁ。

  • 貴重な場所なんだよな・・・

  • 子供心には意外とこすっからいイメージでした。駄菓子菓子もとい、だがしかし、今思うと優しかったのですね、すみませんおばあちゃん…

  • あの婆ちゃんもう亡くなっただろうなあ。麩菓子大好きだったなー。

  • 結構こわいタイプのおばあちゃんだった。

  • 懐かしい…怖そうなおばあちゃんと、やさしいおばあちゃんがいた。何軒かあったけど、みんなおばあちゃんだった。

  • 駄菓子屋と煙草屋はおばあちゃんが店番している(いた)印象が強い。行きつけの駄菓子屋のおばあちゃんは優しかった。

×
  • ふてこかったから苦手だった

  • あのおっちゃん元気かなぁ?

  • おじいちゃんでした。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
加速度が好き << prev
next >> 紙