ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

学校で大きい方ができる << prev
next >> 坂本千夏さん

流浪の民の歌詞「ニイルの水」の意味がわかる

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • この歌を合唱する事が決まった時、歌詞の内容を教わった。「ナイル川」の事。流浪の民とは、ロマ(ジプシー)で先祖は一つ所に留まっていないので、「ナイルの側で生まれた」という事らしい。

  • 一応歌うときに調べたよ

  • これーぞるろーのひとーのむれー

  • ナイル川らしい。「ぼくの地球を守って」が連載されているときに調べた。

  • *

    実は今日はじめて知った…ナルホド。

×
  • わかんねー謎だった。>>フレッチャーさん 雁の群れと旅をするんですね、わかります。

  • 今検索して知った。ロマの人達は「エジプトから来た」と信じられてたんで(エジプシャンが縮まってジプシーになった)、こんな歌詞が作られたんだな

  • 分かんない。去年の卒業生が歌詠祭で歌ってたなぁ

回答したユーザ
トラックバックURL:  
学校で大きい方ができる << prev
next >> 坂本千夏さん