ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

認知的不協和理論 << prev
next >> パック納豆のタレの量を増やして欲しい

フィクションで出てくる田舎者は大抵東北弁を喋っている

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • そういう記号があることは確かだと思う。だがしかし「もんげー、ずら」という当てはまらないものも出た

  • 関係ないけど、ときメモGS2の古森係っていじめっぽいよな。いや大好きなんだけど古森くんの東北弁!

  • まあ、そんなイメージだねw。ずうずうしい奴はたいてい関西弁だしね。

  • ノンフィクションでもそうじゃないかな。

  • 出身が東北じゃないのにね

×
  • 「田舎者」を、田舎に生まれ育った人や田舎に住んでいる人(A)の語意では、僕は滅多に用いない(他方の語意にほぼ専用する)が、コトノハではAの用例の方が割合に多く目に付く。Aが出ているシーンでは甚だ用い辛い。

  • ネイティブから言わせていただくと あれは東北弁じゃないねー

  • よくわからん。

  • 広島弁だと無条件にチンピラ

  • 東北以外のことも思い出してください

  • 孫悟空の言葉は割と東北っぽいが、一昔前は茨木弁が多かった。これは情報の地域格差に絡む問題で、調べてみるとけっこう面白い。

  • 北関東のイメージが強い

回答したユーザ
トラックバックURL:  
認知的不協和理論 << prev
next >> パック納豆のタレの量を増やして欲しい