ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

暇な日曜日。 今日は何をしようかな? << prev
next >> 電車で女性が襲われて助けを求めたら○助け...

運命の分かれ道ってあると思う

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • それでも道は1本しか残らないけど

  • 毎秒が分岐点だよ。信号一つのタイミングだけでも、事故に遭って亡くなる方や、逆に助かる人もいる。

  • 確実にあった。幾つもの道がある。その中から一つの道を選んだから今がある。それが必然なのか偶然なのかはわからない・・・

  • あったと思います

  • 現在・過去・未来~ あの人に会ったなら~ 私はいつまでも待っていると誰か伝えて~(by渡辺真知子)

  • あんだろ、例えば自分はピアニストだったが、事故で手を失うとか…

  • おそらくあの推薦にわざと落ちたのが

  • いくつか歩いてきましたよっと

  • あるが、いっぱい分かれ道はあります

  • あると思います。

  • あると思う

  • 全ての瞬間は分岐している。

  • 分かれ道も回り道も行き止まりも一般道路も有料道路も。間違ったと思ったら時間をかけて戻れることも道が塞がれて戻れないことも。自分で選択出来ることも出来ないことも。

  • ついこの前どっちの道にしようか悩んで選んだよ。

  • あり過ぎて困っちゃうの.

  • これまで幾度となく経験してきたし、これから先も経験することでしょう

  • 時間軸上の各点に多次元運命ベクトルがあって、外界からの影響や自分の努力で大きさや向きが変わる。そして、それを積算した絶対値が一定の値を超えるとき運命の分かれ道となる。ただし、積算時の重み付けは一定でないので注意が必要。かな、と思っている。

  • これまで選んだ道がすべて正しいとは言いきれないけど、今はもう進むしかない。

  • これで良かったものか…

  • 大きなヤツが確かにあった。

  • あるような気がするけど、今きた道を選択するように最初から決まっている気もする

  • それなら右を取れ信じてるままに

  • あったよ。たぶん悪い方を選んでる

  • 日々の選択が運命を大きくかえているのです

  • 今までもあったし、これからもあると思う

  • あるよ、ね

  • いま思えば、あれがターニングポイントだったのね、て

  • 就職氷河期世代は強く意識せざるを得ない。

  • 目に見える道じゃないけどね

  • どこかにはあると思う

  • あれって結局なんなんでしょうね

  • あのとき、あたしが首を横に振っていたら、全く違う人生歩んでた気がする。

  • 自分が何処まで素直になれるかが分かれ目

  • むー。難しいところ。あるような気はします。

  • うん、あると思う。

  • あったし、これからもあると思う

  • その時はもう一方の道が見えてないんだけどね。

  • 他愛ないような決断が一生を左右するような結果に結びついたことが何回かある。そしてそれは後で分かる。

  • 気付かないものもたくさん。

  • たくさんあったし、これからもきっと

  • 昨日ちゃんと勉強して寝てたら点取れてただろうなっていう感じですよくそう

  • 大抵は通り過ぎてから後悔するんだけどね

  • もしもあっちの道を選んでいたら、今の私はいなかったはず。運命は不思議だね。

  • そうそう。サウンドノベルみたいな感じだよね。

  • 常に目の前にあるもんじゃないかな。

  • あちこちの分岐点でことごとく間違った道を進んできたような気がするのは気のせい??

  • そしてこれからも。

×
  • 常に。特定のポイントでバチンバチンと切り替わるものではなく累積だと思う。

  • あるとすれば今来た道は運命じゃないほう

  • 決定論を肯定しがち

  • つかれた。さんの意見に納得したのでこっちに移動します

  • 人生や歴史のif論というのはあまり好きではない。物語、作品等ではその限りではない。

  • 運命というものがあるのであれば、選んだ選択肢は必然的に選ばれたということになる。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
暇な日曜日。 今日は何をしようかな? << prev
next >> 電車で女性が襲われて助けを求めたら○助け...