ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

物の名称が知りたくて「ほら~あんなので... << prev
next >> アンパソマン

今思うと不思議な体験だった

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 頭がおかしいと思われるから言えないけど。色んな物を見たり、聞いたりはしょっちゅう。色んな所にいって帰って来たり、違う時間に行って帰てきたり、しました。滅多に人には言えない。ロバの耳。

  • 昔、スクーターで事故に遭った時 危ないなとは思ったけど自分は悪くないのでそのまま進んだら 前の車が急にハンドル左に切って 俺、前に1回転して…その時、音はしなくて 全然怪我なかった でもバイクは直してもらった

  • 丹沢で友人とキャンプして寝ていたとき、夢とかでなく瞬間的なお別れのメッセージが届いた。誰からのものか分からず半信半疑だったが、しばらくして帰省したら、飼っていた猫が死んでいた。帰省したときはよく路地の入り口で出迎えてくれていて、家まで10mほどいっしょに帰っていた。

  • バスの窓から見えた謎の物体。火の玉は東京には当然のように存在するものだと思っていた幼少時

  • そればかりでいい加減うんざり

  • 救急車で搬送されたばかりの近所のおばちゃんに、数分後に遭遇した。それ以降おばちゃんを見てない。もしかしたら亡くなったのかも。

  • 確かに友達の呼ぶ声が聞こえたんだがなぁ…

  • マボロシだったのかもしれない

  • 時計を見て、5分ほどうたた寝してしまっただけかと思いきや、実は24時間5分経っていたこと

  • 箪笥の模様が歪んだ。

  • 都会のど真ん中で小さい梟を見ました

  • そうだね。私以外、誰もいなかったのに。

  • 白昼、仮面の子供らが笑いながら追いかけてくる。

  • 降る雪が無数の光の弦を弾くのを、病室の窓から眺めてました。12歳のクリスマスの夜。

  • 友達の住んでたとこの近所の草ぼーぼーの空き家、ポストの中に白骨化した動物が入ってた

  • 真夜中に小学校の前を通ったら ひとつの教室がオレンジ色に光っていた。

  • アーチを作ってそれをはしっこの人がくくりぬけてまた作って…の繰り返しを道路でした。

  • クリスマスの日、毎年プレゼントはベランダに置いてあったので、何度も置いてあるかどうか確認しつつ親を監視してたのに、いつの間にか置いてあった

  • 玉ネギ頭の少年に、時間と、近所の神社の場所を訊かれた。1年後、また同じ子に同じ事を訊かれた。

  • オーディオやテレビは電波の混線だとして、ドアを開けた瞬間に部屋の電気がついたのは不可思議。

  • 3歳くらいのとき、階段を宙に浮きつつ滑り降りていた。(同じ体験した方いませんか)

  • 広い無機的なコロシアム型の空間で、壁面が区分けされた部屋になっていて見たことのない奇妙な生物等が閉じ込められており、自分もその一室に閉じ込められていた 何か話し声のような物が聞こえ気が遠くなり目が覚めると家で寝ていた 3歳頃の話だが未だに忘れることが出来ない

  • 全く身に覚えが無いのに「先日は命を助けて頂いてありがとうございました」という電話がかかってきたことがある

  • IMP *

    小さい頃の不思議な体験

×
  • 逆なら。今思えばどうってことない。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
物の名称が知りたくて「ほら~あんなので... << prev
next >> アンパソマン