ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ペペロンチーノの唐辛子を○食べる×残す << prev
next >> ポルトガル語では中国をシナという

吟遊詩人が奏でる楽器といえば竪琴(ハープ)

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 印象としてはそう。

  • ライアー。手前に白鍵、裏側に黒鍵の音が並んでいる。調弦が大変そう。

  • 奏者は男性、楽器は女性

  • あー、そんなイメージ

  • そんなイメージ。リュートはちょっと違う。

  • 小型の携帯できるタイプのもの リラとかリュートもイメージだなぁ

  • つい現代のハープが出てきて、重そう…と思ってしまいます

  • 吟遊詩人で思い出すのはオデュッセイアに登場する王女ナウシカア(風の谷のナウシカの元ネタ)

  • ちょっと他は思いつかないので

  • ギルバートもだけど、『タラン』のフルダーのイメージも強いかも。

  • どこから そのイメージが? と言われると答えられないけど…

  • サニックス、違った。ギルバートのイメージ。

×
  • ハーモニカですね。スナフキン好きです

  • なんか琵琶っぽいやつを背中に背負ってるイメージ。リュート?ウード?

  • リュートと書こうとしたら結構いるんですねぇ。

  • スナフキンは吟遊詩人ですか

  • リュートがいい。

  • ミンサガの詩人はアコースティックなギターからエレキの音を出すよ

  • リュートですかね。

  • 吟遊詩人といえばトルコとかイラクとかそっち方面だもの

  • そうとも限らない。

  • ギター系のイメージが強いのは多分ROの影響

  • どちらかというと、リュート系の楽器のイメージ。ちなみにアイリッシュハープは持ち歩ける大きさなんだとか。//↑中東で詩を好むといえばイラン人

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ペペロンチーノの唐辛子を○食べる×残す << prev
next >> ポルトガル語では中国をシナという