ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

光電効果 << prev
next >> 車を運転するときは靴を脱ぐ

「ごぼうの天ぷら」を「ごぼ天」といいます。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 関西風など薄味出汁のうどんには、よくあうトッピングの一つと感じており、九州などで注文した事が何度かあります。

  • 言うよね。小麦粉の衣のやつじゃなくて、ゴボウに練り物を巻いて揚げたやつ。好きなのでたまに買う。

  • 1.おでんに入る練り物、あれ何て呼んでるだろ。多分あれも牛蒡天。単に天麩羅と呼んで丸天(薩摩揚)を指す用法。 2.饂飩に載せる方の牛蒡天を以て回答を○とする。東京には無かった。 3.饂飩には牛蒡天、蕎麦には掻揚と思っている。

  • ごぼ天うどんとか。

  • 練り物だろうが衣をつけてあげたものだろうがかき揚げだろうがごぼ天はごぼ天

  • うどんに乗せていただきたい。

  • あれ、これ常識かと思ってた

×
  • うちでごぼ天といえば、おでんに入ってる練り物です。

  • ごぼ天は竹輪っぽいやつの事を言う

  • ふつう、ごぼ天と言ったらゴボウを魚の練り物で包んで揚げたものを指す。家では作らず店で買うもので、おでんに入れることが多い。ただし、何かのはずみでゴボウの天ぷらのことをごぼ天と言ってしまうことはあると思う。

  • 福岡で「ごぼ天うどん」とは、牛蒡の細切り天ぷらのうどんだった。関西でのごぼ天とは、茹でた牛蒡の細切りを魚のすり身を包んで揚げた物。中島らも氏を有名にした「宝島」で連載されていた「啓蒙かまぼこ新聞」の3コマ漫画は「ごぼ天」。http://www.futabasha.co.jp/book...

  • 竹輪状の練り物の中にごぼうが入ったものをごぼ天と言います。

  • 言わないですねぇ。

  • こういうコトで「てんぷら」が指すものの違いがわかるね。

  • おでんとかにはいってる、ねりもんみたいなやつ、あれが、ごぼてん。

  • ゴボ天は天ぷらではない。

  • いわないかも

  • 『ネリモノ広告大全 ごぼてん編』(中島らも著/双葉文庫)

  • 言いません。

  • たべたことない。たべたくもない。こめんとするしかくない。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
光電効果 << prev
next >> 車を運転するときは靴を脱ぐ