ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

2008年のオリンピックは北京ではなく別の... << prev
next >> 「ごぼうの天ぷら」を「ごぼ天」といいます。

光電効果

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 花からとった色素を使用した発電ってのがあったが、それもこれかしらん。

  • 確かにブラウン管は光電効果とは違うな

  • 太陽電池もこの一部だよね?たしか。

  • なぜかこれとコットン効果を並列で記憶しています。

  • 同時に光学顕微鏡の限界というものを

  • アインシュタインのノーベル賞はこれな対してです

  • レーザーとかもこれかな?

  • アインシュタインだっけ

  • 光電効果というと光子→電子の方向ばかり考えてしまうのでブラウン管はむしろ逆反応だろうと思ったりして…。撮像管はずばり内部光電効果だろうけども。

  • この理論のおかげで、ブラウン管が誕生し、テレビが見れるようになった。

×
回答したユーザ
トラックバックURL:  
2008年のオリンピックは北京ではなく別の... << prev
next >> 「ごぼうの天ぷら」を「ごぼ天」といいます。