ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

リトル << prev
next >> 強制参加現地集合

失敗する可能性があるものは失敗する。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • (いつか)失敗するという危機管理学という意味合いも強いのだそうだ

  • 逆に失敗する可能性が高くても成功する場合もある

  • 心がけの問題ではない・・・。

  • (書く所がないので書き直し)マーフィーの法則は、実際にあった機械トラブルの事例から生まれた。以前挙げた機械の例は、いわばマーフィーの法則の原点。特殊な状況を設定したわけじゃない。(既に消してあるが)ヒョードルと一般人の対戦という突飛な例を挙げて、達成目標に対して過剰な力を投入すれば必ず成功するという人もいるが、そっちの方がよほど特殊と言わざるを得ないだろうな。要するに、最悪の状況を想定するというマーフィーの法則の趣旨に対して、まるで逆の発想だ。

  • この世に失敗しないことなんて無いのでは?

  • この言葉は心に刻んでる。百度の成功は百一度目の成功を保証しない。/ペリカンさんのコメントを支持。

  • 起こる可能性があることはいつか実際に起こる。

  • 失敗する可能性があるんだから失敗しても当然と失敗に追い込まれる、下手にやる気を出した者への報い?・・・

  • マーフィーの法則より。 たとえ失敗確率0.1%であっても、千回のうちの1回が、いきなり来ないとは限らないよね。 完璧を目指すなら、悪しき可能性はすべて潰さなければならない。 /(ペリカン氏)「完璧を目指す」という仮定の話に対し「完璧が無理なケース」を仮定するのは間違った反論の仕方だね。 何かを達成するのに充分過ぎる能力があれば、能力の許容誤差範囲により、間違いなく達成できることは有り得ることだ。 /反論側の君が私の主張の設定を勝手に変えるなって。 すべてのカラスは黒いを証明するのに、何具体例挙げてるんだよ

×
  • とは限らない。

  • 気持ちの問題です

  • 可能性はあくまで予測なので成功する可能性もある。

  • そりゃいつかはそうなるだろうけど、絶対とは言えない

  • マーフィーの法則かよ、とツッコもうかと思ったらマーフィーの法則だったのでガッカリした。

  • 車に乗れば必ず事故で、飛行機は必ず落ちて、試験なんかもまず通らないって事ですよね。そんなこと無いでしょ。

  • 成功することもありえなくはない。

  • 場合によるでしょ。失敗する可能性があるが、それを恐れていては何も出来ないよ。

  • クイックセーブでおk。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
リトル << prev
next >> 強制参加現地集合